ようこそ ゲスト様

qBiz 西日本新聞経済電子版

【おすすめBuy】自慢の一杯を味わう!福岡・北九州で食べるべき豚骨ラーメン5選

2018年12月29日 03時00分 更新

記者:九州ウォーカー編集部・大庭かおり


  • 「龍王」の「ラーメン」(550円)。しっかりと乳化させた豚骨スープ。ゴマ油の風味も効いている

  • 「龍王」の「三色ラーメン」(550円)。チャーシューの代わりにワカメ、シナチク、モヤシが入り、ラーメンと同価格

  • 「ラーメン無法松」の「無法松ラーメン」(790円)。たっぷりの白ネギや、辛味ダレがかかる

  • 2種類のチャーシューがのる。「ラーメン無法松」のラーメンは、麺とスープの絡みもグッド!

  • 「南京ラーメン 黒門」の「ラーメン」(600円)。一口目はあっさり、食べ進めるごとに旨味が押し寄せる

  • 大釜で麺を泳がせるようにゆがくのも、「南京ラーメン 黒門」の昔ながらのスタイル

  • 「とんこつラーメン 豚のむら」の「ラーメン」(630円)。豚バラのチャーシューも自信作

  • スープの濃度は北九州随一の「とんこつラーメン 豚のむら」!髄から旨味を絞り出すように、頻繁に混ぜながら約16時間炊き込む

  • 「石田一龍 本店」の「濃厚ラーメン」(煮玉子入り780円)。単品650円、煮玉子トッピング+130円

  • 香ばしさ引き立つ炙り「石田一龍 本店」のチャーシュー。脂身と肉のバランスがちょうどいい

  • 【担当】大庭かおり(おおば・かおり)
    九州ウォーカー編集部。旅と温泉が好きで、旅に出れば温泉に入らずして帰路にはつけない。各地のご当地ラーメンを食べ歩くのも好き。

 福岡県の北東部に位置する北九州市は、福岡市と同じく、豚骨ラーメン文化が深く根ざしている地。今なお老舗が存在感を放つなか、若手の直球勝負の店も台頭している。体にスッ〜と染み渡る淡麗系から、麺がスープを ...










オン&オフ おすすめBuyの最新記事



そもそもqbizとは?

Recommend

ランキング

Recommend

特集 最新記事

コラム 最新記事