ようこそ ゲスト様

qBiz 西日本新聞経済電子版

香港に晩白柚輸出 八代地域 旧正月の贈答用に

2019年01月15日 03時00分 更新

記者:宮上良二


  • トラックに積み込まれる晩白柚

 熊本県八代地域特産のジャンボかんきつ類「晩白柚(ばんぺいゆ)」を香港に輸出する出発式が11日、八代市豊原下町のJAやつしろ八代果実選果場であった。今年で5年目。直径二十数センチの3L玉を含め、昨年並みの約3千個が八代港から船便で送られる。

 式では、中村博生市長が「晩白柚は全国的に知名度が上がり、ブランド化が進んでいる。さらに販売と生産の促進につないでいきたい」とあいさつ。出席者たちが晩白柚を積み込んだトラックを拍手で見送った。

 輸出はイオンの食文化継承事業の一環で、旧正月「春節」に合わせて香港のイオン12店舗で販売される。色や形が満月を連想させる晩白柚は、縁起物として贈答用に人気が高いという。










九州経済 ニュースの最新記事



そもそもqbizとは?

Recommend

ランキング

Recommend

特集 最新記事

コラム 最新記事