ようこそ ゲスト様

qBiz 西日本新聞経済電子版

九州の都市再開発

一覧ページへ

博多駅ビル拡張へ JR九州、容積率緩和を活用 在来線ホーム上 19−21年度着手

2019年01月19日 03時00分 更新

記者:下村ゆかり、岡部由佳里


  • 博多駅ビルの拡張予定エリア

 JR九州が福岡市博多区の博多駅ビル「JR博多シティ」を拡張する計画を固めたことが分かった。現在の駅ビル南側の在来線ホームなどの上に、新たなビルを建設する。2019〜21年度の中期経営計画に盛り込み、事業に着手する方針。博多駅周辺の活性化を促す、福岡市の新たなプロジェクト「博多コネクティッド」による容積率の緩和などを活用する考えだ。

 同市で「天神ビッグバン」事業が本格化する中、博多地区でも大型再開発が動きだすことになる。

 拡張部分は、在来線ホームと線路上に数百億円かけて建設する。福岡市は老朽ビル建て替えを促すため、コネクティッドエリア内で容積率や高さ制限の緩和などを検討しており、JR九州は新プロジェクトを生かし、現状の駅ビルの高さ(約60メートル)より上乗せを目指す。

 現在の駅ビルは11年3月に開業し、地上10階、地下3階建てで延べ床面積は約20万平方メートル、売り場面積は約10万平方メートル。百貨店「博多阪急」や専門店街「アミュプラザ博多」などが入居しており、駅ビル型の商業施設としては国内最大規模を誇る。17年度の売上高は1130億円と開業から6年連続で過去最高を更新し、入館者数も7241万人と2年連続で更新した。

 また16年に日本郵便と共同で博多駅前に再開発した、九州最大級のオフィスビル「JRJP博多ビル」も好調。福岡市内のオフィス需要は高水準が続き供給不足が指摘されており、拡張部分は商業施設だけでなく、オフィスとしても活用する計画。

 博多駅は在来線、新幹線、地下鉄で1日約40万人が乗降する九州最大のターミナル駅。22年度の福岡市営地下鉄の七隈線延伸(天神南−博多)などを控え、今後も利用者の伸びが見込まれている。










九州経済 ニュースの最新記事



そもそもqbizとは?

Recommend

ランキング

Recommend

特集 最新記事

コラム 最新記事