ようこそ ゲスト様

qBiz 西日本新聞経済電子版

米朝首脳2月末再会談 トランプ氏、正恩氏側近と合意 非核化停滞打破が焦点

2019年01月20日 03時00分 更新

 【ワシントン田中伸幸、ソウル曽山茂志】米ホワイトハウスは18日午後(日本時間19日午前)、トランプ大統領と北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長との2度目の首脳会談を2月末ごろに開催すると発表した。再会談に向け当局者の実務協議に着手したことも明らかにした。開催地と詳細日程は後日発表する。両首脳が昨年6月、シンガポールでの初会談で朝鮮半島の非核化方針に合意後、進展が見られない現状を打破できるかが最大の焦点となる。

 トランプ氏は18日、正恩氏の側近で、17日にワシントン入りした金英哲(キムヨンチョル)朝鮮労働党副委員長とホワイトハウスで約1時間半会談し、首脳再会談の開催で一致。米メディアは英哲氏が正恩氏からトランプ氏に宛てた書簡を持参したと伝えた。

 会談後、サンダース大統領報道官は記者団に対し、北朝鮮との対話を続ける一方、対北朝鮮制裁について「完全かつ検証可能な非核化を確認するまで圧力と制裁を続ける」と改めて強調した。

 再会談の開催地については複数のメディアが候補地としてベトナムなどを挙げている。米国務省はビーガン北朝鮮担当特別代表が19日からスウェーデンを訪問すると発表。対米交渉を担当する北朝鮮の崔善姫(チェソンヒ)外務次官もスウェーデンに滞在中で、再会談に向けた実務協議を行う可能性がある。韓国外務省も同日、李度勲(イドフン)・朝鮮半島平和交渉本部長が18〜22日、スウェーデンを訪問すると発表した。

 北朝鮮の非核化を巡っては、非核化の完全な実行を求める米国と、非核化の見返りとして朝鮮戦争(1950〜53年)の終戦宣言の実現や経済制裁緩和の並行実施など「相応の措置」を求める北朝鮮との溝が埋まらず、実務者間の協議が停滞。トランプ氏が打開のため正恩氏との再会談に強い意欲を示していた。

 ただ米朝間の意見の隔たりはなお大きいとの見方が強く、初会談と同様、両首脳が何らかの合意に至っても具体的な成果に乏しい内容に終わる可能性もある。

 英哲氏はトランプ氏との会談に先立ち、ポンペオ国務長官と会談した。










全国経済 ニュースの最新記事



そもそもqbizとは?

Recommend

ランキング

Recommend

特集 最新記事

コラム 最新記事