ようこそ ゲスト様

qBiz 西日本新聞経済電子版

「ILC九州誘致に協力を」 推進会議が地元選出議員に要請

2013年03月28日 03時00分 更新

記者:前田淳

 宇宙の起源を探る次世代実験施設「国際リニアコライダー」(ILC)を福岡、佐賀県境の脊振山地に誘致する産学官組織の「ILCアジア−九州推進会議」は27日、都内のホテルで九州・山口選出の国会議員50人に誘致への協力を訴えた。

 同会議代表の有川節夫九州大学学長や松尾新吾九州経済連合会会長、福岡県の小川洋知事、佐賀県の古川康知事などが出席。松尾氏が「九州には充実した都市機能や優れた交通アクセスがあるが、ILC誘致の知名度は低い。ぜひ協力してほしい」と呼び掛けた。

 これに対し、ILC建設推進議員連盟会長の河村建夫衆院議員(自民、山口3区)は「ILCは夢のプロジェクト。実現に向けて政府に強く働き掛けたい」。保利耕輔衆院議員(同、佐賀3区)は、8300億円とされる建設費の半分を国が負担することが課題との見方を示した上で「国家プロジェクトとして取り組むよう、安倍首相を巻き込んでぐいぐい押していく」と応じた。

 国内では、九州と岩手県北上山地がILCを誘致しており、7月にも国内候補地が一本化される見通し。







九州経済 ニュースの最新記事



お知らせ
4月26日(土)2:00-7:00の間、
システムメンテナンスのため、
サービスを一時停止いたします。
何卒ご了承ください。

ランキング

特集 最新記事

コラム 最新記事