ようこそ ゲスト様

qBiz 西日本新聞経済電子版

あおり運転、VRで体験 大分県警が動画サイトに公開

2019年02月09日 03時00分 更新

記者:長美咲


  • あおり運転の動画の一場面。奥の車に追い越された後、無理やり停車させられる

 大分県警などは、仮想現実(VR)であおり運転や交通事故を体験できる動画を作り、動画投稿サイト「ユーチューブ」の県警公式チャンネルに公開した。動画を再生するスマートフォンを動かせば、VR上でその方向の様子が見られるのが特徴。全国の警察で初めての試みという。

 動画は、車と車が衝突したり、自転車が歩行者をはねたりする8種類。スマホを動かすことで当事者の視点が体験でき、臨場感あふれる映像で、事故防止策などを学べる。

 映像の一つ「あおり運転編」では、後ろの車にクラクションを鳴らされて車間距離を詰められ、追い越された後に無理やり停車させられるまでの“恐怖体験”を再現。最後に、あおり運転をされたときには事故に遭わない場所に避難し、ためらわず110番するように呼び掛けている。

 県警交通企画課は「気軽に見られるので、家庭や学校で教材として使ってほしい」と呼び掛けている。










九州経済 ニュースの最新記事



そもそもqbizとは?

Recommend

ランキング

Recommend

特集 最新記事

コラム 最新記事