ようこそ ゲスト様

qBiz 西日本新聞経済電子版

アドテック九州2013

一覧ページへ

売れるネット広告社 加藤公一レオ社長(37)、「通販ノウハウは九州にある」

2013年05月31日 03時00分 更新

記者:坂田 恵紀、井関 隆行


  • 関連資料(PDF) 【関連資料】売れるネット広告社のプレスリリース。アドテック東京で伝説となった『club(クラブ)売れるネット広告つくーる』が、アドテック九州会場に出現!

 《どうやれば売れるのか。インターネット広告のコンサルタントが主な事業。顧客にはやずや、エーザイ、ライオンなどが並ぶ》

求められる広告の効果

−九州が「通販王国」と呼ばれる理由は。
 「健康食品や化粧品、食品等、九州には通販で年間100億〜300億円ぐらい稼ぐ企業が、関東や関西を含めた他地域より圧倒的に多い。それは関東、関西などの大企業の多くが、広告を社や商品のイメージアップの手段と考え、これまでは広告でモノを売るという志向ではなかったからです。景気が悪くなり、さすがに広告を投資と考え、見合った売上げを求め出しました。これまでもモノを売るための広告作りをしてきた九州にはノウハウがある。だから通販王国と呼ばれていると思います。顧客の97%は福岡県外ですが、本社を福岡に置いているのは、ダイレクトマーケティング、通販に関する情報が入りやすいためです」

−例えば、どんなノウハウがありますか。
「弊社のノウハウでは、WEB上で値段表記する場合に『10,000』といった『 , 』は付けずに『10000』とします。表示が横に広がり、大きくなって高額な印象を与えないようにするためです。「無料サンプル」より「無料モニター」の方がクリックされやすいです。申し込みページにリンクさせるバナーの色や、見やすいフォント(字体)なども一定の法則があります。一つの広告を構成する要素に数百の項目があるんです」

−これまでに実践したネット広告例は。
「まずは無料(または低価格)商品で集客します。申し込みがあると、その後にフォローメールを送り、本商品を販売。さらに定期的に購入してもらうように進めていきます。蓄積したノウハウをもとに文言やタイミング、それぞれの段階にあったWEBページを用意していくんです。今は化粧品や健康食品で良くみられますが、このような流れを割と早く実践して成果を出しました」

 >>次ページヘ「繰り返すテストでノウハウ蓄積」











九州経済 ニュースの最新記事



そもそもqbizとは?
グローバル(韓国)人材採用イベント開催!

Recommend

ランキング

Recommend

特集 最新記事

コラム 最新記事