ようこそ ゲスト様

qBiz 西日本新聞経済電子版

「自動車も差し止めできるのか」 和歌山知事、高浜原発仮処分を批判

2015年04月20日 14時00分 更新

 和歌山県の仁坂吉伸知事は20日の記者会見で、関西電力高浜原発3、4号機の再稼働差し止めを命じた福井地裁の仮処分決定について「判断がおかしい」と批判した。

 仁坂氏は、今回の決定を出した樋口英明裁判長が昨年5月、大飯原発3、4号機の再稼働を認めないとの判決を出した際の根拠が生存権だったと指摘した上で「リスクのあるものは全部止めなければならないという考え方。それならば自動車(利用)の差し止め請求もできるのではないか」と述べた。

 さらに「なんで原発だけ絶対の神様みたいな話になるのか」と主張した。

 仁坂氏は樋口裁判長について「(原発の)技術について、そんなに知っているはずがない。裁判長はある意味で謙虚でなければならない」とも強調した。

 仁坂氏は元経済産業省の官僚で、2006年から和歌山県知事を務め、3期目。














全国経済 ニュースの最新記事



そもそもqbizとは?
グローバル(韓国)人材採用イベント開催!

Recommend

ランキング

Recommend

特集 最新記事

コラム 最新記事