ようこそ ゲスト様

qBiz 西日本新聞経済電子版

同性カップルにも結婚祝い金 福岡のITコンサル「ペンシル」

2015年08月06日 03時00分 更新

記者:川合秀紀

 地場ITコンサルタント企業のペンシル(福岡市)は5日、同性カップルの従業員も結婚祝い金など福利厚生の対象とする制度を新たに導入し、性的少数者(LGBT)への差別を行わないと明記した自社の「行動憲章」を整備した、と発表した。

 ともに7月末に実施。多様な人材がストレスなく働ける環境を整備する狙い。「LGBT支援」を明確に打ち出した取り組みは外資系や大手企業で始まっているが、地場企業では珍しいという。

 福利厚生では、同性の「パートナー」がいる従業員を結婚祝い金支給の対象としたほか、慶弔休暇も取得対象に加えた。

 電通の調査では、LGBT対象者は全体の7.6%とされる。










九州経済 ニュースの最新記事



そもそもqbizとは?

Recommend

ランキング

Recommend

特集 最新記事

コラム 最新記事