ようこそ ゲスト様

qBiz 西日本新聞経済電子版

フクオカ流通戦争

一覧ページへ

ダイエー、イオンに切り替え 九州、11月中に看板消滅

2015年09月01日 11時35分 更新

記者:石田剛、仲山美葵


  • 看板がダイエーからイオンに替わった笹丘店=1日午前10時半、福岡市中央区

  • ダイエーの看板を取り換える笹丘店=8月21日

  • 「イオン笹丘店」として新しくなった店内を訪れる買い物客=1日午前10時40分ごろ、福岡市中央区

  • イオン九州の柴田祐司社長(左端)が来店客に紅白まんじゅうを渡して出迎えたイオン笹丘店=1日午前9時すぎ、福岡市中央区

 イオン九州(福岡市)は1日、ダイエーから九州にある総合スーパー24店舗の運営を引き継ぎ、屋号を切り替える1号店となる「イオン笹丘店」(福岡市中央区)で開店式典を行った。オレンジ色のロゴで長年親しまれた店舗は、濃いピンクの看板に装いを変え、新しいスタートを切った。

「ダイエーは経営とも言えない経営が続いた」 イオン社長・岡田元也氏(4月9日)

ダイエーの軌跡―元副社長・平山敞氏に聞く(上) 売り場に残る「DNA」

トイレが示していたダイエーの限界

 午前9時の開店と同時に、買い物客が次々と来店。近くに住む同市中央区の主婦月川富美子さん(65)は「ダイエーの特売やサービスになじみがあった。イオンに変わって品ぞろえが充実するのが楽しみ」と語った。

 開店前には、ダイエーからイオン九州に転籍する社員の「入社式」を実施。イオン九州の柴田祐司社長は「九州でナンバーワンの信頼される店を目指していこう」と従業員に呼び掛けた。

 同店を含む計24店は順次、看板の交換や店舗改装を進め、11月26日までに切り替えを終える。ショッパーズ福岡店(同市中央区)は10月9日、西新店(同市早良区)は11月20日、城野店(北九州市小倉南区)は11月26日の予定。

 九州にあるダイエーの食品スーパー「グルメシティ」14店も1日付でマックスバリュ九州(福岡市)に事業承継された。














九州経済 ニュースの最新記事



そもそもqbizとは?

Recommend

ランキング

Recommend

特集 最新記事

コラム 最新記事