ようこそ ゲスト様

qBiz 西日本新聞経済電子版

熊本地震

一覧ページへ

新幹線博多―熊本が運転再開 各駅停車、1時間に1本程度運行

2016年04月23日 12時00分 更新

記者:井上直樹


  • 9日ぶりに営業運転が再開され、熊本駅から博多駅に向けて走行する九州新幹線。後方は地震で被害を受けた熊本城=23日午前11時58分、熊本市西区

  • 営業運転を再開した九州新幹線に乗り込む人たち=23日午前11時32分、JR熊本駅

 熊本地震の影響で運休していた九州新幹線博多−熊本(約98キロ)が23日午前11時50分すぎ、運転を再開した。上下線とも1時間に1本程度運行。各駅に停車する。24日から当面は1日15往復の予定。

 所要時間は約1時間5分。通常の所要時間は約50分だが、設備に損傷があった新玉名−熊本で通常より速度を落とす。既に復旧した在来線博多−熊本は約2時間10分かかっており、所要時間は半減することになる。座席は全て自由席扱い。予約はできず、グリーン席に空きがあれば車内で販売する。

 23日の始発は、熊本発が午前11時54分、博多発は同11時51分。車両はN700系8両(定員546席)の3編成。

 九州新幹線は14日夜の地震で全線運休。20日に新水俣−鹿児島中央が復旧した。熊本−新水俣は損傷箇所が多く、補修作業が続いている。
《交通まとめ》状況をざっくり知る(随時更新)★新幹線博多−熊本で23日に運転再開、高速バスも続々再開










九州経済 ニュースの最新記事



そもそもqbizとは?

Recommend

ランキング

Recommend

特集 最新記事

コラム 最新記事