ようこそ ゲスト様

qBiz 西日本新聞経済電子版

数字で読む九州経済

一覧ページへ

【最長は4時間】九州電力の株主総会

2016年06月27日 03時00分 更新

記者:吉田修平


  • 福岡市中央区の九州電力本店

 「今年は何時間になりますかね」

 九州電力の役員や社員と顔を合わせる際、あいさつ代わりにこんなやりとりをする時期になった。28日に開かれる株主総会のことだ。

 九電の株主総会の所要時間をみると、3時間42分(2015年)、3時間22分(14年)…と近年は「3時間超え」が続く。

 同じエネルギー業界の西部ガス(福岡市)が45分(15年)、56分(14年)、45分(13年)と、例年1時間以内で終了しているのとは対照的だ。

 九電の総会は11年以降、3時間を超えるようになった。同年3月、東京電力福島第1原発事故が発生。「脱原発」を求める株主提案や質問がそれまでよりも増えたからだ。

 直近5年間の総会が所要時間の上位5件を占めており、過去最長は12年の4時間という。

 総会中に離席することがはばかられる役員たちは、トイレに行かなくても済むよう、事前に水分の摂取を極力控えると聞く。










九州経済 ニュースの最新記事



そもそもqbizとは?
グローバル(韓国)人材採用イベント開催!

Recommend

ランキング

Recommend

特集 最新記事

コラム 最新記事