ようこそ ゲスト様

qBiz 西日本新聞経済電子版

今週の「取材中に刺さった」一言

一覧ページへ

エネルギー自由化「来年が本当に本番」 西部ガス・酒見俊夫社長(9月29日)

2016年10月07日 03時00分 更新

記者:中野雄策


  • エネルギー自由化について語る西部ガスの酒見俊夫社長=9月29日、福岡市の西部ガス本社

 西部ガス(福岡市)の本当の狙いは、来年4月に迫ったガス小売り全面自由化への「布石」とすることだった。

 今年4月の電力小売り全面自由化。西部ガスは「新電力」として参入し、ガスと電力のセット販売を推進。顧客の“囲い込み”を図った。しかし、それから半年を迎えようとした9月29日の定例記者会見で、経営陣の苦悩ぶりが透けた。

 「九電とどう対抗するのか」―。会見では、個別企業との競争に焦点を当てた露骨な質問が、酒見俊夫社長はじめ経営陣5人に集中した。

 その緊迫ぶりは、広報担当者が「今回はいつもと様子が違いましたね」と後で打ち明けたほどだ。










特集 qレポートの最新記事



そもそもqbizとは?

Recommend

ランキング

Recommend

特集 最新記事

コラム 最新記事