ようこそ ゲスト様

qBiz 西日本新聞経済電子版

「ニホニウム 誇らしい」 新元素命名の森田九大教授が会見

2016年12月01日 15時00分 更新


  • 元素名「ニホニウム」の正式決定を受け、会見する森田浩介氏(中央)=1日午前11時30分、福岡市博多区のホテル(撮影・宮下雅太郎)

  • 元素名「ニホニウム」の正式決定を受け、会見で喜びを語る森田浩介氏=1日午前11時13分、福岡市博多区のホテル(撮影・宮下雅太郎)

 原子番号113番の新元素名が正式に「ニホニウム」に決まったことを受け、理化学研究所のチームを率いた森田浩介・九州大教授が1日、福岡市内のホテルで記者会見し、「人類の知的財産として継承される周期表に、日本を冠した元素名が載ることは感慨深い」と喜びを語った。元素を日本の科学者が命名したのは初めてで、アジアの中でも初の快挙となる。

 約30年にわたって研究を続けてきた森田教授は、これまでの研究生活を振り返り「実験は日々、何も起こらない中でじっと待ち続けるもの。何年に1回の成果が出ると、頭が真っ白になるぐらい興奮する。発見したときは半日ぐらいぼーっとしていた」と語った。

 ニホニウムは周期表に記載され、いずれ教科書に掲載される。森田教授は「化学を習い始めた子どもたちがニホニウムを見て、誇らしく感じ、化学に興味を持ってもらえたらうれしい」と期待。今後の研究目標については「第8周期は未知の領域、化学のフロンティア。119番、120番の発見に全力を注いでいきたい」と意欲を示した。










全国経済 ニュースの最新記事



Recommend

ランキング

Recommend

特集 最新記事

コラム 最新記事