ようこそ ゲスト様

qBiz 西日本新聞経済電子版

記者コラム

一覧ページへ

サイトの情報をうのみにして“実害”が

2016年12月11日 03時00分 更新

記者:吉武和彦


  • 記者会見で頭を下げるDeNAの守安功社長(左)と南場智子会長=7日午後、東京都渋谷区

 ディー・エヌ・エー(DeNA)やサイバーエージェントといったIT大手が相次ぎ情報サイトやその中の記事を公開中止にした問題で、「ハッ」とした。一読者として、もしかしたら“実害”を受けていたかもしれない。

 単身赴任で暮らす部屋のじゅうたんを冬に備えて洗濯したときのこと。大きさは3畳もなく、毛はふかふか。昨冬、家具店で購入したお気に入りだった。

 クリーニング代を節約したのが間違いだった。部屋にある洗濯機にはとても入らない。そこで調べたのが、インターネットの情報サイトだった。

 風呂の浴槽にお湯をためる。洗剤を入れ、じゅうたんを折りたたんで入れ、足で踏み洗いする…。そんな生活の“知恵”が記載されていた。

 なるほど、その手があったか。勝手に感心して、ある休日に実行した。

 記載通り、お湯はどんどん黒ずんでいった。汚れがどんどん落ちていく、と喜んだのもつかの間。洗い終えて水を含んだじゅうたんは、とんでもない重さに。とても一人で抱えられない。放置すると、風呂にも入られなくなるので、懸命に浴槽から引っ張り出した。

 開始から2時間以上。ようやく洗濯かごに入れたときは、無残な姿に変わり果てていた。ふかふかだった毛はごっそり抜け落ち、端を縫い合わせた糸は切れ、裏地が破れていた。もう大きなぼろぞうきんである。

 ベランダで干そうにも、今度は物干しざおの高さまで持ち上げられない。結局、そのまま断ち切りばさみで裁断し、8袋分の燃えるごみとなった。










コラム qBizコラムの最新記事



そもそもqbizとは?

Recommend

ランキング

Recommend

特集 最新記事

コラム 最新記事