ようこそ ゲスト様

qBiz 西日本新聞経済電子版

TOP> コラム> qBizコラム

  • 記者コラム

    「多様化」は、いろはの「い」

     最近立て続けに同い年の「トップ」に会った。葬儀場で楽器の生演奏サービスを提供するため、登録した音楽家を派遣する会社の経営者と、3月に着任したばかりの地場信金新支店長。いずれも北九州地区の女性だ。 ...

    2014/03/14 03:00

  • 記者コラム

    夜景から考える長崎経済

     東京タワーからの夜景は、近代的な高層ビル群を中心に街がギラギラと輝きを放っているように見える。東京タワーと同じ高さ(333メートル)にある長崎市の稲佐山からの夜景は、山の斜面まで市民の生活の明かりが ...

    2014/03/13 03:01

  • 記者コラム

    花粉はPM2・5より強かった

     鼻をかみ くしゃみをしては 鼻をかむ  寒さが緩み、身も心も軽やかになる季節。コートがいらなくなる日も近い。しかし、私は毎年この時期になると気分が重くなる。花粉症。今年もやっぱりヤツはやってき ...

    2014/03/11 03:00

  • 記者コラム

    マスコミ界が例外とした航空機

     西日本新聞で使う用語は、多くの新聞、放送各社が使っている「新聞用字用語集」(共同通信社)に原則、沿ったかたちとなっている。広く一般に使われ、わかりやすい表現を目指すための統一ルールといったところだ。 ...

    2014/03/10 03:00

  • 記者コラム

    メキシコ余話

     迎えてくれたのは、晴れの舞台に似つかわしくない機銃を持った兵士たちだった−。  2月下旬、マツダがメキシコ中部グアナファト州サラマンカ市につくった新工場の開所式に同行取材した。同社にとって27 ...

    2014/03/08 03:00

  • 記者コラム

    プレミアムビール万歳!

     プレミアムビールと称されるちょっと高めのビールの市場が盛り上がっている。詳細は先日の記事を見ていただくとして、ビール大好きの私にとってこの流れはかなりうれしい。年明けから相次いだビールメーカー各社の ...

    2014/03/07 03:00

  • 記者コラム

    夢をあきらめるとき

     「いろいろとご迷惑とご心配をお掛けしましたけど、こうした安全対策を講じていますので大丈夫です」「お国の方がいろいろと考えてくださると思います」−。幹部の危機感が乏しい口ぶりが引っかかった。   ...

    2014/03/06 03:00

  • 記者コラム

    九州の伝統工芸レクサス、トヨタ本社に乗り込む

     年明けから、福岡モーターショーと福岡県庁に登場したレクサスの特別仕様車「輝匠」(き・しょう)。九州7県の伝統工芸を内装にあしらった車が5日から12日まで、愛知県豊田市のトヨタ自動車本社敷地内にあるP ...

    2014/03/05 03:00

  • 記者コラム

    新聞記者がトップ人事を狙う理由

     ふくおかフィナンシャルグループ(FFG、福岡市)の谷正明会長兼社長が2月25日、自身の社長退任と、傘下の福岡、熊本、親和銀行3行の頭取交代を発表した。突然の発表に驚いた人も多かったのではないだろうか ...

    2014/03/04 03:00

  • 記者コラム

    ハック成功の「次」が難しい

     「西鉄をハックしたベンチャー」という記事を書いたが、その主役であるベンチャー経営者の言葉が、頭から離れない。記事に盛り込めなかった筆力のなさを、今さら悔やんでいる。  記事で書いたように、その ...

    2014/03/03 03:00

  • 記者コラム

    本当の「おもてなし」とは?

     「なぜ、クマの手を神社で売っているのですか」  26日、佐賀県鹿島市の祐徳稲荷神社を訪れていた中国人女性が首をかしげた。視線の先には、縁起物の「熊手」の看板があった。九州7県と福岡市が今月から ...

    2014/02/28 03:00

  • 記者コラム

    メロンの使命

     「結婚が決まったら…」と聞いて、間髪入れずに「やっぱりメロン!」と口にできる人は福岡や佐賀に少なくないと思う。テレビCMを通して、それほど繰り返し耳にしてきたフレーズだからだ。  両県を中心に ...

    2014/02/27 03:00

  • 記者コラム

    宮崎キャビアににんまり

     1粒もこぼさないように口に入れると、思わずにんまり。先日、宮崎県が宮崎牛、マンゴーに続く新たな県産ブランド品として売り出した「キャビア」を初めていただいた。言わずと知れた「世界三大珍味」の一つ。郷土 ...

    2014/02/26 03:00

  • 記者コラム

    九電「エネ館」閉館に思う

     「えーっ、嫌だなあ…」。九州電力の九州エネルギー館(福岡市中央区薬院4丁目、通称・エネ館)が3月2日で閉館することを伝えると、小学1年の娘は顔をくしゃくしゃにして残念がった。  エネ館は、電気 ...

    2014/02/25 03:00

  • 記者コラム

    野球とサッカー、儲かるのどっち?

     大きな声では言えないが、小さなお子様を持つ親が、ちょっと迷うのがこのテーマではないでしょうか。この2種目以外のスポーツ、これに文化、芸術の道まで入れてしまえば「子どもが好きな道をやらせたい」が大前提 ...

    2014/02/24 03:00

  • 記者コラム

    「おじさん」世代のヒーロー

     「金メダルを取って本当にレジェンド(伝説)と呼ばれたかったけど、目標ができた。金メダル目指して頑張りたい」  日曜日の朝、雪焼けした顔に真っ白い歯がのぞく葛西紀明選手の弾んだ声がテレビに映し出 ...

    2014/02/21 03:00

  • 記者コラム

    都知事選に2度出馬した男

     東京都知事選に出馬した美術家がいる。それも、1度ならず2度までも。  秋山祐徳太子(ゆうとくたいし)さん(78)。本籍は父の出身地博多で、生まれ育ちは東京の江戸っ子だ。ブリキの彫刻を手がけ、某 ...

    2014/02/20 03:00

  • 記者コラム

    九電の代表取締役“課長”

     「代表取締役“課長”」−。九州電力の瓜生道明社長が、一部社員からひっそりこう呼ばれていると聞いたことがある。瓜生氏の人柄を象徴する表現で、もちろん敬意や親しみを込めてである。  そう呼ばれるゆ ...

    2014/02/19 03:00

  • 記者コラム

    雪の重みに思う

     東日本が記録的な大雪に見舞われている。関東や中部地方で車が立ち往生したり、雪の重みで屋根が落ちたりと、まるで豪雪地帯だ。九州への影響は限定的だったが、大分県や宮崎県では列車の脱線や、1万7800戸で ...

    2014/02/18 03:00

  • 記者コラム

    「妊活」のため休業します。

     1月末にお笑いトリオ・森三中の大島美幸さんが発表した、「妊活」(妊娠に向けた活動)に向けた休業宣言。私はすんなり納得できた。  彼女がかつて流産したことも子供を欲しがっていることも知っていた。 ...

    2014/02/14 03:00

最新記事一覧

そもそもqbizとは?

Recommend

コラム 最新記事

ランキング

Recommend