ようこそ ゲスト様

qBiz 西日本新聞経済電子版

TOP> 漁業・水産業

漁業・水産業

  • 日欧のGI産品保護を強化 臨時国会に改正法案提出へNEW

     農林水産省は23日、地域の農林水産物・食品のブランドを守る地理的表示(GI)保護制度に登録された農産品の保護を強化する関連法の改正案を固めた。来年にも控える欧州連合(EU)との経済連携協定(EPA) ...

    2018/10/23 18:10

  • マグロ取りすぎで「迷惑料」拠出 函館市の漁協、1.5億円

     北海道函館市の南かやべ漁協は23日までに、国際合意による太平洋クロマグロ小型魚(30キロ未満)の漁獲枠を大幅に超過し、全国の漁業者の操業自粛を招いたとして、漁獲枠を消化できなかった漁業者向けの「迷惑 ...

    2018/10/23 12:27

  • 記者コラム

    大漁の島で気になった「漂着プラごみ」

     記者になって30年弱。取材で九州のいろいろな場所に出掛けたが、それでも訪れたことがない土地は結構ある。福岡県宗像市沖の地島(じのしま)もその一つ。福岡県に八つある離島(離島振興法の対象)はすべて巡り ...

    2018/10/23 03:00

  • FREE 秋の海の味覚 ウチワエビ漁、長崎・五島灘で始まる

     長崎県五島灘の秋の味覚、ウチワエビの刺し網漁が始まり、五島市富江町では、漁業者たちが夜明け前の暗いうちから水揚げ作業に打ち込んでいる。  ウチワエビは伊勢エビに似た食味が人気。みそ汁や刺し身に ...

    2018/10/22 03:00

  • 北九州の「ピカイチ漁師」9人認定 カキ養殖のサラブレッド タコ漁師界のパイオニア

     「カキ養殖のサラブレッド」「タコ漁師界のパイオニア」−。若手漁業者を応援する「ピカイチ漁師認定事業」を北九州市が本年度から始め、こだわりの漁で飲食店からも信頼が厚い20〜40代の9人を認定した。今後 ...

    2018/10/20 03:00

  • 農相が諫干初視察 「開門せず解決を」

     国営諫早湾干拓事業(長崎県諫早市)の潮受け堤防排水門の開門問題を巡り、吉川貴盛農相は18日、就任後初めて現地視察した。会談した長崎、佐賀両県知事には、開門せずに100億円の漁業振興基金で解決を目指す ...

    2018/10/19 03:00

  • 諫干「非開門」前提に解決を 長崎知事、農相に要望

     18日に国営諫早湾干拓事業を現地視察した吉川貴盛農相は、長崎県諫早市の干拓堤防事務所で中村法道知事らとの意見交換に臨んだ。中村知事は、潮受け堤防排水門を開門しない方針を前提に、漁業者との裁判が続く開 ...

    2018/10/19 03:00

  • 農山漁村の宝に32団体選定 地域活性化の優良事例

     地域独自の農林水産物や文化を生かした地域活性化の優良事例「ディスカバー農山漁村の宝」を選ぶ政府の有識者懇談会は17日、漁師の家への宿泊体験や養殖マダイの釣り体験などを企画した福井県小浜市の「小浜市阿 ...

    2018/10/17 22:48

  • 農相、18日に諫干視察

     国営諫早湾干拓事業(長崎県諫早市)の潮受け堤防開門問題を巡り、吉川貴盛農相は16日の閣議後記者会見で、18日に現地を視察し、佐賀、長崎両県の関係者と会談すると発表した。  吉川氏は干拓地や堤防 ...

    2018/10/17 03:00

  • ひと

    森のめぐみ(宮崎県椎葉村)鈴木 宏明専務

    自社ブランドでキャビア  九州山地の中央部に位置する宮崎県椎葉村で養殖したチョウザメの卵をキャビアに加工している。宮崎県内で養殖したチョウザメの卵は「ジャパンキャビア」(宮崎市)がまとめて加工販 ...

    2018/10/16 10:28

  • 「微小の気泡」活用ベトナムのエビ養殖振興へ 大牟田市の中島物産 生存率向上や水質改善期待

     福岡県大牟田市不知火町の「中島物産」は、生物の活性化や水質浄化に効果がある微小の気泡「ファインバブル」を使い、病害や水質悪化が課題となっているベトナムのエビ養殖業を手助けするプロジェクトに来年から乗 ...

    2018/10/16 03:00

  • マグロ混獲をAIが警告 定置網の画像分析 公立はこだて未来大教授ら開発

     国際合意で漁獲量が規制されている小型クロマグロ(30キロ未満)の混獲を減らそうと、公立はこだて未来大(北海道函館市)の和田雅昭教授らが、定置網にマグロが入ったことを携帯端末で知らせる「マグロアラート ...

    2018/10/16 03:00

  • 糸島にかき小屋シーズン到来 身はふっくら

     福岡県糸島市の秋冬の風物詩になっているかき小屋が市内で順次、営業を始めている。今年は夏場の猛暑で出来が心配されたが、身がふっくらとして豊かな味わいが楽しめる。来春まで。  糸島地方では1988 ...

    2018/10/13 03:00

  • 豊洲市場、手探りの船出 渋滞、遅配など混乱も

     新市場に、これまでと変わらない威勢の良い掛け声が響いた。東京・築地市場から移転し11日に開場した豊洲市場には、早朝から新鮮な魚や野菜が運び込まれ、業者らが「いよいよだ」「待ってたよ」と声を掛け合った ...

    2018/10/11 14:00

  • 東京・豊洲市場で初競り 築地から移転、2年遅れで開場

     「日本の台所」と呼ばれた東京・築地市場の移転先、豊洲市場(江東区)が11日、開場した。小池百合子知事が安全性への懸念などを理由に移転延期を表明したため、当初より約2年遅れ。同日早朝から、新市場で初め ...

    2018/10/11 09:43

  • 吉川農相が18日に初の諫干視察

     国営諫早湾干拓事業(長崎県諫早市)の潮受け堤防排水門の開門問題で、吉川貴盛農相が18日に現地視察することで調整していることが10日、分かった。視察は就任後初めて。  関係者によると、吉川農相は ...

    2018/10/11 03:00

  • 築地ターレ集団、豊洲市場へGO 運搬車お引っ越し

     東京都中央区の築地市場で活躍した運搬車「ターレ」やフォークリフトが7日早朝、市場移転に伴って、11日に開場する豊洲市場(江東区)まで約2・3キロを自走して引っ越しした。  都は築地が営業を終え ...

    2018/10/08 03:00

  • FREE タイラギ人工授精に成功 稚貝確保安定化、品種改良にも弾み 三重の国立研究所

     有明海で不漁が続く高級二枚貝タイラギの人工授精に、国立研究開発法人水産研究・教育機構増養殖研究所(三重県)が初めて成功した。これまで壁になっていた卵を受精可能な状態に熟成させる技術を確立した。繁殖時 ...

    2018/10/07 03:00

  • さよなら築地市場 最後の競り、83年で幕

     「日本の台所」として親しまれた築地市場(東京都中央区)が6日、営業を終えた。1935(昭和10)年の開場以来、国内外の新鮮な魚や野菜を取引してきた83年の歴史に幕を閉じ、午後からは引っ越し作業も本格 ...

    2018/10/07 03:00

  • 北極海中央部の公海、漁業禁止に 日本や沿岸国、協定に署名

     【モスクワ共同】ロシア、米国など北極海沿岸国と日本、欧州連合(EU)を含む計10の国・機関は3日、地球温暖化で氷が解けて海表面が広がる北極海中央部の公海での商業漁業を禁止する協定に署名した。北極海で ...

    2018/10/04 23:17

そもそもqbizとは?

Recommend

写真ニュース一覧

Recommend