ようこそ ゲスト様

qBiz 西日本新聞経済電子版

TOP> 漁業・水産業

漁業・水産業

  • ニホンウナギ、絶滅危険度最高に 個体数急減で台湾政府が指定へNEW

     資源量が急減しているニホンウナギを、台湾政府が最新の絶滅危惧種リスト(レッドリスト)で「最も絶滅の危険度が高い種」に指定することが分かった。関係者が21日、明らかにした。日本の環境省や国際自然保護連 ...

    2017/07/21 17:59

  • 2017九州豪雨

    大分、福岡両県が復旧支援を要望 副知事が防災担当相に

     民進党の野田佳彦幹事長は20日、九州豪雨の被災地支援に関し、激甚災害指定など7項目を政府に求める緊急申し入れ書を菅義偉官房長官に手渡した。菅氏は「政府はできることはすべて行う決意で対応に万全を期して ...

    2017/07/21 03:00

  • 2017九州豪雨

    FREE 激甚災害4市町村指定へ 大分・福岡の被害1000億円超

     政府は九州豪雨を激甚災害に指定することを決めた。松本純防災担当相が21日に表明する。なお国内で豪雨被害の恐れもあることから、閣議決定は全国の梅雨明けを待って行う。また激甚指定の根拠にもなる道路、河川 ...

    2017/07/21 03:00

  • 政府の規制改革会議、来年に答申 農林、水産など5部会設置

     政府の規制改革推進会議は20日、会合を開き、「農林」や「水産」「医療・介護」など分野別に五つの作業部会を設置し、具体的な規制緩和を検討することを決めた。来年6月をめどに取りまとめる新たな答申に向けた ...

    2017/07/20 20:28

  • 九州の原発

    事故懸念、漁業は壊滅 玄海再稼働、3漁協組合長に聞く

     「万が一の事故時は、海と漁業者の生活が奪われる」。秋以降に見込まれる九州電力玄海原発(佐賀県玄海町)の再稼働。原発30キロ圏内の住民は事故時の被害の大きさを恐れ、突き動かされるように新松浦漁協(長崎 ...

    2017/07/20 03:00

  • 2017九州豪雨

    FREE 流木20万トン処理に苦慮 仮置き場足りず、材木転用にも難題

     九州豪雨により、被災地の福岡県朝倉市などで発生し、有明海まで広がった流木の処理に行政側が頭を悩ませている。福岡県の推計によると、流木は少なくとも20万トン超。5年前の九州北部豪雨時に比べて3倍を超え ...

    2017/07/19 03:00

  • 三陸沿岸の調査捕鯨開始 青森・八戸港から初

     北西太平洋のミンククジラの生息状況を調査する捕鯨船が18日、青森県八戸市の八戸港を出港した。同港を拠点とする調査は初めてで、8月中旬まで、約80キロ沖合の三陸沿岸で数十頭を捕獲する予定。胃の内容物な ...

    2017/07/18 11:59

  • 九州の原発

    「玄海再稼働に反対」 長崎の漁船66隻がデモ

     九州電力玄海原発(佐賀県玄海町)の再稼働に反対する長崎県松浦市の新松浦漁協は15日、同原発沖で66隻の漁船を集めた海上デモを実施し、九電の瓜生道明社長宛てに「再稼働に真っ向から反対を貫き通す」との決 ...

    2017/07/16 03:00

  • サンマ漁獲枠合意できず 中韓ロ反対、溝深く

     8カ国・地域が参加し札幌市で開かれていた北太平洋漁業委員会(NPFC)の会合が15日、閉幕した。日本が提案したサンマの国・地域別漁獲枠の新設には中国、韓国、ロシアが反対して合意できず、深刻な溝が鮮明 ...

    2017/07/15 22:07

  • 2017九州豪雨

    FREE 海に流木、漁業者受難 船破損やアサリ被害

     甚大な被害をもたらした九州豪雨で、被災地から大量の流木や土砂が有明海や周防灘に流れ込み、漁業に影響が出ている。流木が接触して複数の漁船が破損したほか、福岡県では一部でアサリが死滅。大分県ではブランド ...

    2017/07/15 03:00

  • 2017九州豪雨

    日田でアユ「火振り漁」再開 夏の観光目玉、関係者に笑顔

     記録的な大雨が襲った大分県日田市の川で13日夜、名産のアユを光で驚かせ、網に引っかけて取る「火振り漁」が再開された。一時は川の増水でアユに壊滅的な被害が出たと危ぶむ声もあったが、この日は20〜30匹 ...

    2017/07/14 14:29

  • 2017九州豪雨

    佐賀の海岸で流木撤去 九州豪雨、漁業影響

     佐賀県は14日、九州北部の豪雨の影響で筑後川から有明海の海岸に流れ着いた約4千立方メートルの流木などを撤去する作業を開始した。有明海ではクラゲ漁が最盛期を迎えており、漁船が夜間に漁をできなかったり、 ...

    2017/07/14 13:29

  • 諫干訴訟への当事者参加、漁業者側に国が反論へ

     国営諫早湾干拓事業(長崎県諫早市)の開門差し止めを命じた4月の長崎地裁判決を不服として、開門を求める漁業者側が「独立当事者参加」を申し立てて控訴していた訴訟で、国側は13日、「独立当事者参加は認めら ...

    2017/07/14 03:00

  • 佐賀知事がオスプレイ受け入れ意向 「全力でやりたい」

     佐賀県の山口祥義知事は13日の定例記者会見で、陸上自衛隊オスプレイの佐賀空港配備計画について「(受け入れに向け)本当に全力でやりたいという気持ちしか頭の中にない」と述べ、県として受け入れる立場を明確 ...

    2017/07/13 15:00

  • サンマの国別漁獲枠、議論開始 資源減少懸念で北太平洋委員会

     日本、中国、台湾など8カ国・地域で水産資源の保護策を話し合う北太平洋漁業委員会(NPFC)の会合が13日、札幌市で開幕した。日本の提案に沿い、資源減少が懸念されるサンマに国別の漁獲枠を設けるかどうか ...

    2017/07/13 11:15

  • 大分かぼすなど39品目を保護 日欧EPA、ブランド化で輸出拡大に期待

     日本と欧州連合(EU)の経済連携協定(EPA)で、産地名のブランドを互いに保護する食品・酒類などの品目名が12日、ほぼ出そろった。EUが保護する日本の産品は「特産松阪牛」や「大分かぼす」など計39品 ...

    2017/07/13 04:00

  • 博多名物「おきうと」製造販売の老舗「南里商店」(福岡市)が破産準備

     信用調査会社の帝国データバンク福岡支店によると、戦前から博多名物「おきうと」の製造販売を手掛けてきた南里商店(福岡市)が10日付で事業停止し、破産申請の準備に入っていることが分かった。負債総額は現在 ...

    2017/07/11 18:47

  • サンマ、国別漁獲枠提案へ 56万トン、資源枯渇を懸念

     山本有二農相は11日の閣議後の記者会見で、資源の枯渇が懸念されるサンマに国・地域ごとの漁獲枠を新設するよう国際会議に提案すると表明した。中国や台湾の漁獲量が増えており、資源を保護するため、全体で約5 ...

    2017/07/11 12:52

  • 【ミニ特集:沖ノ島】北部九州の文化の象徴

     沖ノ島は宗像市神湊(こうのみなと)の約60キロ沖にあり、条件がそろえば九州本土からも島影を望めるが、渡島するには玄界灘の荒波を越えなければならない。  古代のアジア交流、綿々と  渡島の ...

    2017/07/10 14:59

  • 【ミニ特集:沖ノ島】粘り強い説得でつかんだ逆転勝利 

     「『神宿る島』宗像・沖ノ島と関連遺産群」(福岡県宗像市、福津市)として推薦した全8資産の世界遺産登録が認められた。国連教育科学文化機関(ユネスコ)の諮問機関・国際記念物遺跡会議(イコモス)から除外勧 ...

    2017/07/10 14:59

そもそもqbizとは?

Recommend

写真ニュース一覧

Recommend