ようこそ ゲスト様

qBiz 西日本新聞経済電子版

TOP> 林業

林業

  • 2017九州豪雨

    大分、福岡両県が復旧支援を要望 副知事が防災担当相に

     民進党の野田佳彦幹事長は20日、九州豪雨の被災地支援に関し、激甚災害指定など7項目を政府に求める緊急申し入れ書を菅義偉官房長官に手渡した。菅氏は「政府はできることはすべて行う決意で対応に万全を期して ...

    2017/07/21 03:00

  • 2017九州豪雨

    FREE 激甚災害4市町村指定へ 大分・福岡の被害1000億円超

     政府は九州豪雨を激甚災害に指定することを決めた。松本純防災担当相が21日に表明する。なお国内で豪雨被害の恐れもあることから、閣議決定は全国の梅雨明けを待って行う。また激甚指定の根拠にもなる道路、河川 ...

    2017/07/21 03:00

  • 2017九州豪雨

    FREE 流木20万トン処理に苦慮 仮置き場足りず、材木転用にも難題

     九州豪雨により、被災地の福岡県朝倉市などで発生し、有明海まで広がった流木の処理に行政側が頭を悩ませている。福岡県の推計によると、流木は少なくとも20万トン超。5年前の九州北部豪雨時に比べて3倍を超え ...

    2017/07/19 03:00

  • 2017九州豪雨

    FREE 林業の悪循環が防災に影 人工林管理、行き届かず

     福岡県と大分県の豪雨水害は、土砂崩れによる大量の流木が被害を拡大した。被災した集落には根が付いたままの大木が広範囲に横たわり、人工林のもろさを印象づけた。一帯は林業が盛んな地域。流木の原因をたどると ...

    2017/07/17 03:00

  • 2017九州豪雨

    FREE 土砂崩れ300ヵ所超 雨で進行の懸念も 農水省調査

     九州豪雨により発生した土砂崩れが、福岡県朝倉市と東峰村、大分県日田市で少なくとも300カ所に上ることが農林水産省九州森林管理局の調査で明らかになった。ほとんどは、深い岩盤までは崩れず、表土層と樹木が ...

    2017/07/16 03:00

  • 2017九州豪雨

    FREE 林野庁が流木調査チーム設置 10月めどに治山対策を報告へ

     林野庁は12日、九州豪雨では流木による被害が特に大きいことから、流木被害の発生メカニズムや減災方法を探る庁内の調査対策チームを設置した。流木被害に特化したチームの設置は初めてで、10月をめどに報告書 ...

    2017/07/13 03:00

  • 2017九州豪雨

    FREE 九州豪雨、避難1800人超 死者21人、安否不明20人以上

     記録的な豪雨に見舞われた福岡、大分両県の被災地では、9日も行方不明者の捜索が続けられ、新たに福岡県東峰村で女性1人、同県朝倉市で女性2人の死亡が確認された。犠牲者は21人となり、福岡県ではなお20人 ...

    2017/07/10 03:00

  • 道知事、農相に関税確保を要請 日欧EPA交渉で

     北海道の高橋はるみ知事は21日、日本と欧州連合(EU)の経済連携協定(EPA)交渉で、道の主力産品であるチーズや豚肉といった農林水産物の関税確保を求める緊急要請書を山本有二農相に提出した。   ...

    2017/06/21 11:23

  • 日本、パスタや木材で譲歩検討 EUと経済連携協定、首席が協議

     政府は19日、欧州連合(EU)との経済連携協定(EPA)交渉の首席交渉官による非公式の協議を東京都内で始めた。自動車、豚肉など双方が重視する関税撤廃・引き下げで進展の気配が見え始め、日本はパスタや木 ...

    2017/06/19 21:08

  • 「掃除大賞」九州初の受賞 福岡・筑後市の九州木材工業

     夕方5時、サイレンが鳴ると約50人の従業員全員がほうきや掃除機、バケツなどを手に、約1万6千平方メートルの工場敷地や事務所のあちこちで掃除を始めた。福岡県筑後市和泉の木材加工業「九州木材工業」は、始 ...

    2017/06/18 03:00

  • 環境アセスメント開始 八代の木質バイオ発電所予定地

     熊本県八代市新港町の工業専用区域に、豊田通商の子会社エネ・ビジョン(名古屋市)による国内最大級の木質バイオマス発電所建設計画が浮上した。環境への影響を計画段階から予測し、十分な環境保全対策を講ずる環 ...

    2017/06/07 03:00

  • 八代に木質バイオマス発電所 国内最大級、2019年着工へ

     熊本県八代市新港町で、豊田通商の子会社エネ・ビジョン(名古屋市)が国内最大級の木質バイオマス発電所の建設計画を進めていることが6日、分かった。出力は約7万5千キロワット。県の環境影響評価を経て201 ...

    2017/06/07 03:00

  • 九州産「木の家」中国に輸出 キャナル開発の藤氏らが事業化へ

     九州産の良質な木を製材して中国に輸出し、現地で高品質な木造家屋を建てる事業が始まろうとしている。事業化を目指しているのは、福岡市の複合商業施設「キャナルシティ博多」などの開発を手掛けた藤賢一さんを中 ...

    2017/06/01 03:00

  • 中国・人民網おすすめ記事

    中国の新卒平均月収は4014元(約6万5千円)

     中国の求人サイト・智聯招聘がこのほど、2017年度卒業生求人状況に関する調査報告を発表した。データによると、2017年度卒業生の実際の契約上における平均月収は4014元(約6万5千円)で、昨年よりも ...

    2017/05/26 16:20

  • 農業の次は水産・林業 政府規制改革「企業に漁業権」など議論

     安倍晋三首相は23日の「農林水産業・地域の活力創造本部」で、「林業と水産業の成長産業化に挑む」と述べ、農業改革に続き、林業と水産業の抜本改革に着手すると表明した。有識者でつくる規制改革推進会議も同日 ...

    2017/05/24 03:00

  • 三セク「トライ・ウッド」 新社長に安心院氏

     大分県日田市が94%出資する第三セクターの総合林業会社「トライ・ウッド」(同市上津江町)の新社長に、安心院(あじみ)剛氏(71)が就任した。4月14日付。前社長の県議井上伸史氏(70)が議長に就任し ...

    2017/05/23 03:00

  • カナダ、米制裁関税に対抗策検討 石炭の出荷禁止が選択肢

     【ワシントン共同】カナダ政府は5日、トランプ米政権がカナダ産木材に制裁関税を課す方針を決めたことに反発し、対抗策の検討に入った。カナダの港を経由した米国産石炭の出荷の禁止が選択肢に挙がっている。 ...

    2017/05/06 09:11

  • 宮崎スギ、26年連続日本一 16年生産量185万立方メートル 住宅用好調、輸出も増

     宮崎県のスギ丸太生産量が2016年、過去最高の約185万立方メートルとなり、26年連続で日本一になったことが農林水産省の木材統計で分かった。同県によると、戦後に植林されたスギが伐採期を迎えていること ...

    2017/04/28 03:00

  • アジア発 共同通信グループNNAから

    中国 3月末の都市部失業率3.97%、昨年末比改善

     中国人事社会保障省(人保省)は25日、3月末時点の都市部登録失業率が3.97%となったと発表した。昨年末比で0.05ポイント、前年同期比で0.07ポイント下落している。  第1四半期(1〜3月 ...

    2017/04/26 11:27

  • 世界遺産へ照葉樹の森守れ 奄美の林道で車両規制 現地調査前に観光客絞る

     林野庁は25日、来年の世界自然遺産登録を目指す鹿児島県の奄美大島で、観光客がよく訪れる国有林道の車両進入規制を始めた。大型連休は一般車両の増加が見込まれるが、入り口のゲートで車の通行を禁じる。夏には ...

    2017/04/26 03:00

そもそもqbizとは?

Recommend

写真ニュース一覧

Recommend