ようこそ ゲスト様

qBiz 西日本新聞経済電子版

TOP> 林業

林業

  • 宮崎スギ、26年連続日本一 16年生産量185万立方メートル 住宅用好調、輸出も増

     宮崎県のスギ丸太生産量が2016年、過去最高の約185万立方メートルとなり、26年連続で日本一になったことが農林水産省の木材統計で分かった。同県によると、戦後に植林されたスギが伐採期を迎えていること ...

    2017/04/28 03:00

  • アジア発 共同通信グループNNAから

    中国 3月末の都市部失業率3.97%、昨年末比改善

     中国人事社会保障省(人保省)は25日、3月末時点の都市部登録失業率が3.97%となったと発表した。昨年末比で0.05ポイント、前年同期比で0.07ポイント下落している。  第1四半期(1〜3月 ...

    2017/04/26 11:27

  • 世界遺産へ照葉樹の森守れ 奄美の林道で車両規制 現地調査前に観光客絞る

     林野庁は25日、来年の世界自然遺産登録を目指す鹿児島県の奄美大島で、観光客がよく訪れる国有林道の車両進入規制を始めた。大型連休は一般車両の増加が見込まれるが、入り口のゲートで車の通行を禁じる。夏には ...

    2017/04/26 03:00

  • アジア発 共同通信グループNNAから

    インドネシア パーム油認証の規定強化、大統領令制定へ

     インドネシア政府は、環境に配慮した合法的な農法を目指す「持続可能なパーム油の国内規定(ISPO)」の導入促進に向け、ISPO認証を発行する団体を増やすことなどを定めた大統領令を7月にも公布する。パー ...

    2017/04/20 10:48

  • アジア発 共同通信グループNNAから

    インドネシア 協会が政策に反発、製紙原料の供給7割減も

     インドネシアの製紙パルプ業者協会(APKI)は、泥炭の生態系保護および運営に関する政令『2016年第57号』が施行され、泥炭地域での商業活動が制限されれば、主に泥炭地域で植林活動を行っている製紙パル ...

    2017/03/29 11:16

  • FREE 大分の大山町農協が梅加工部会 品質向上、販路拡大目指す

     日田市大山町の大分大山町農業協同組合(矢羽田正豪組合長)は、梅干しやジャムなどの梅加工品の品質向上や販路拡大、農家の所得向上を目指し、梅加工部会(55人)を設立した。  同町のウメ生産は、19 ...

    2017/03/20 03:00

  • アジア発 共同通信グループNNAから

    ミャンマー 森林局が内部調査、違法木材の大量押収で

     ミャンマー資源・環境保護省森林局は、1月末から大量の違法木材が押収されたことを受け、内部調査に着手した。電子メディアのイラワジが1日伝えた。  森林局のゾー・ミン副局長は「過失や怠慢が原因なら ...

    2017/03/03 10:26

  • 日田の産業を観光資源に 林業や木材加工、小鹿田焼…ツアー化目指す

     林業や木材加工など大分県日田市の主産業の知名度を高め、観光資源としても活用しようと、官民でつくる「ひた産業観光推進協議会」(会長=原田啓介・日田市長)と県西部振興局は、日田市内の産業施設などの現状調 ...

    2017/02/22 03:00

  • FREE 日田産スギでシン・ゴジラ 立体模型を共同開発

     大分県日田市産のスギで作った映画やアニメのキャラクターの立体模型パズルを、地元の総合林業会社「トライ・ウッド」など県内外の3社が共同開発した。  日田市の基幹産業である林業の振興を目的に、間伐 ...

    2017/02/15 03:00

  • 農林水産輸出4年連続最高 7503億円、和食需要が増加

     農林水産省が10日発表した2016年の農林水産物・食品の輸出額(速報値)は7503億円となり、4年連続で過去最高を更新した。海外での健康志向の高まりで和食用食材の需要が増えた。ただ前年比では0・7% ...

    2017/02/10 11:21

  • 「青竹踏み」熊本へ贈る 北九州のNPO 放置竹林 伐採し有効活用

     北九州市内で里山保全に取り組むNPO法人「北九州ビオトープ・ネットワーク研究会」(若松区)が、放置竹林で伐採した竹を再活用する活動を展開している。昨年11月には、手作りした「青竹踏み」を熊本地震の被 ...

    2017/02/06 03:00

  • 宮崎日日新聞経済電子マガジン 「みやビズ」から

    林業が盛んな町で雑木をまきに加工 ストーブとセット販売する小さなビジネス

     林業の盛んな宮崎県美郷町西郷田代で、雑木を薪(まき)に加工して販売する小さなビジネスが動き始めている。火付け役は薪ストーブを製造販売する川口機工の川口裕之代表(57)。都市部にある薪ストーブの販売先 ...

    2017/02/05 03:00

  • 創業100年超 大分県内は384社 最長は藤野屋商店

     2017年に創業100年以上を迎える老舗企業は、大分県内に384社あることが、東京商工リサーチの調べで分かった。最も歴史が長いのは、1594(文禄3)年創業の肥料・飼料卸売販売「藤野屋商店」(竹田市 ...

    2017/01/30 03:00

  • 東峰村が間伐材加工会社と立地協定 舗装材工場新設へ

     福岡県東峰村は19日、間伐材を使った加工品を製造するリソースフォレスト(大分県日田市)と立地協定を結んだ。同社は村が所有する倉庫(同村福井)を活用し、工場を新設。5月に操業開始予定で、地元から7人程 ...

    2017/01/20 03:00

  • 筑後川ブランド認定へ 久留米大経済社会研究所 市民投票で5月決定

     福岡県の久留米大経済社会研究所は、筑後川流域の文化や自然環境を生かした農林水産加工品などを「筑後川ブランド」に認定し、ロゴマークを付けてPRする試みを始める。既に研究所内にブランド委員会を設置、候補 ...

    2017/01/04 06:00

  • 花粉少ないスギを熊本県で量産へ 日本製紙、23年から出荷

     日本製紙(東京)は27日、花粉が少なく生育の早いスギの苗木を熊本県人吉市の社有地で量産、苗木販売の事業化を目指すと発表した。2023年から年間約28万本の挿し木苗を生産、出荷する予定で、全額出資子会 ...

    2016/12/28 03:00

  • 農地の名義 2割不明確 農水省調査

     農林水産省は26日、全国の農地の約2割に当たる93万4348ヘクタールが、所有者が死亡して相続が発生した後も登記名義人が変更されていないなど、権利関係が不明確な状態になっていると発表した。このうち5 ...

    2016/12/27 10:23

  • JA、経団連など15団体が連携 農林水産物の輸出で

     JAグループや日本貿易振興機構(ジェトロ)、経団連など15団体は20日、農林水産分野で国産品の輸出拡大を推進する連携協定を締結した。政府、与党が11月に改定した「農林水産業・地域の活力創造プラン」に ...

    2016/12/20 12:34

  • アジア発 共同通信グループNNAから

    インドネシア 10月パーム油生産、今年最高の355万トン

     インドネシア・パーム油業界連盟(GAPKI)は、10月のパーム原油(CPO)とパーム油由来品の生産量が、前月比7%増の355万トンだったことを明らかにした。今年最大の水準に達した。14日付インベスト ...

    2016/12/15 10:31

  • ひと

    農林中央金庫福岡支店(福岡市)徳永 耕治九州営業第二部長

    森林関連でCSR活動  九州7県の森林関係を受け持っている福岡支店九州営業第二部。そのトップを昨年10月から務める。森林組合の森林整備事業などへの融資はもちろん、CSR(企業の社会的責任)活動と ...

    2016/12/15 10:14

そもそもqbizとは?

Recommend

写真ニュース一覧

Recommend