ようこそ ゲスト様

qBiz 西日本新聞経済電子版

TOP> 九州の原発

九州の原発

  • 九州の原発

    九電、経費削減を上積み 300億─500億円、設備修繕費を抑制 

      九州電力の瓜生道明社長は26日の記者会見で、7月に想定した川内原発1、2号機(鹿児島県薩摩川内市)の再稼働が遅れていることに伴い、追加的な経費削減に乗り出したことを明らかにした。2013〜15年度 ...

    2013/09/27 03:00

  • 九州の原発

    特ダネ 九大、原発寿命見極めへ 原子炉劣化の研究強化 高性能計測器を導入

     九州大応用力学研究所(福岡県春日市)は、原発内の炉心を覆う圧力容器(鋼鉄製)の劣化=脆化(ぜいか)=の進み具合を独自に分析する体制を整備する。本年度末までに、脆化測定に特化した国内最高性能の電子顕微 ...

    2013/09/24 03:00

  • 九州の原発

    長崎・過疎の島にメガソーラー 独企業、40万キロワット構想

     長崎県五島列島の北端、宇久島(長崎県佐世保市)に、国内最大級の大規模太陽光発電所(メガソーラー)の建設計画が浮上している。ドイツの事業者が主体となり、島の4分の1に当たる敷地に総出力40万キロワット ...

    2013/09/23 03:00

  • 九州の原発

    北九州・響灘を新たな電力拠点に 発電所更新、今から備え

     北九州市は本年度、若松区の響灘地区で風力発電と火力発電の一大拠点づくりを目指す「市地域エネルギー拠点化推進事業」を始めた。計画通りにうまく発電所の誘致が進めば「民間の総投資額は最大5千億円に上る」と ...

    2013/09/22 03:00

  • 九州の原発

    鹿児島の団体、規制委調査に抗議 川内原発再稼働反対訴え

     原子力規制委員会が九州電力川内原発(鹿児島県薩摩川内市)の安全審査の一環として現地調査をした20日、川内原発建設反対連絡協議会など県内の反原発団体は同原発の正門前で抗議行動をした。  午前7時 ...

    2013/09/21 03:00

  • 九州の原発

    川内原発を現地調査 規制委、九電の安全対策評価

     原子力規制委員会は20日、原子力発電所の新規制基準に基づく安全審査で、九州電力川内原発1、2号機(鹿児島県薩摩川内市)を現地調査した。審査を申請した国内の6原発12基では、四国電力伊方原発3号機(愛 ...

    2013/09/21 03:00

  • 九州の原発

    原発可否など意見交換 九電が佐賀の利用者と「対話の会」

     九州電力は19日、経営陣と電気利用者が意見交換する「お客さまとの対話の会」を佐賀市の九電佐賀支社で開いた。瓜生道明社長が原発の安全対策を説明したが、出席者からは電気料金の再値上げへの懸念や将来的には ...

    2013/09/20 03:00

  • 九州の原発

    原子力規制委の審査 行方見通せず 九電にも重い指摘

     新しい安全基準に基づく原子力規制委員会の審査が始まって2カ月。関西電力大飯原発4号機の定期点検入りで運転中の原発は再びゼロになり、再稼働の前提となる審査の行方に注目が集まる。九州電力川内原発(鹿児島 ...

    2013/09/15 03:00

  • 九州の原発

    原発ゼロの冬に戦々恐々 融通頼み、九電も苦境

     関西電力大飯原発4号機(福井県)が15日に定期検査に入り、国内の稼働原発が約1年2カ月ぶりにゼロとなる。九州電力など電力4社が原発再稼働に向けて原子力規制委員会の安全審査を受けているが、審査に時間が ...

    2013/09/14 03:00

  • 九州の原発

    特ダネ 九電城南クラブ、三菱地所系に売却へ 研修所含め30億円

     原発全停止の影響で赤字経営に陥った九州電力が、取引先などを招く接待施設「城南クラブ」(福岡市中央区)と、隣接する桜坂社員研修所の土地計約1万2800平方メートルを、三菱地所レジデンス(東京)に売却す ...

    2013/09/12 09:50

  • 九州の原発

    30キロ圏外でも避難計画 川内原発事故想定、出水市が策定方針

     鹿児島県出水市の渋谷俊彦市長は11日、九州電力川内原発(同県薩摩川内市)の事故を想定し、原発半径30キロ圏の緊急防護措置区域(UPZ)外の地域でも独自に避難計画を策定する方針を明らかにした。市議会の ...

    2013/09/12 03:00

  • 九州の原発

    猛暑の最大需要、10年比10%減 九電副社長

     九州電力の鎮西正直副社長は10日、電気事業連合会の会見で、気温の影響を除いた7〜8月の最大需要平均が、猛暑だった2010年夏に比べ10%程度減少したことを明らかにした。鎮西副社長は「ほとんどが節電効 ...

    2013/09/10 21:28

  • 九州の原発

    「避難計画と再稼働は別問題」 薩摩川内市長

     鹿児島県薩摩川内市の岩切秀雄市長は9日、市内に立地する九州電力川内原発の広域避難計画や病院・福祉施設などの避難計画策定について「避難計画と再稼働は別問題と認識している」と述べ、策定は川内原発再稼働の ...

    2013/09/10 03:00

  • 九州の原発

    原発避難道路は県道として整備 玄海町長が見通し示す

     九州電力玄海原発の過酷事故に備えて佐賀県玄海町が整備している避難道路をめぐり、岸本英雄町長は9日、避難道路の町道と接続先の唐津市道がともに県道として整備される見通しであることを明らかにした。同日の町 ...

    2013/09/10 03:00

  • 九州の原発

    九電社長と顧客が鹿児島市で対話 再稼働には賛否

     九州電力は5日、利用者と意見交換する「お客さまとの対話の会」を、鹿児島市の九電鹿児島支社で開いた。九電が原子力規制委員会に安全審査を申請中の玄海、川内原発の再稼働には利用者から賛否があった。 ...

    2013/09/06 03:00

  • 九州の原発

    避難計画手つかず 川内原発30キロ圏の病院・福祉施設

     九州電力川内原発(鹿児島県薩摩川内市)の30キロ圏の緊急防護措置計画区域(UPZ)内にある9市町は、九電との安全協定締結や原発防災計画策定を終えたが、病院や福祉施設の避難計画作成は全くの手つかずだ。 ...

    2013/09/04 03:00

  • 九州の原発

    備えは十分か(5) どこまでが「地元」か

     「住民の安全を確保する基礎になる」「17市町が足並みをそろえたことに意義があった」  26日、佐賀市の県自治会館会議室。県市長会長の横尾俊彦多久市長と県町村会長の武村弘正大町町長は、記者会見で ...

    2013/09/01 03:00

  • 九州の原発

    九電、猛暑一段落で電力融通不要に 9月2─6日

     九州電力は、9月2〜6日の電力需給について、猛暑が一段落し、他電力会社からの融通を受けなくてもピーク時の使用率88〜90%と安定した状況になるとの見通しを示した。週間見通しで融通不要としたのは、休日 ...

    2013/08/31 03:00

  • 九州の原発

    重大事故へ備え進む 九電が玄海3、4号機の安全対策公開

     九州電力は28日、玄海原発(佐賀県玄海町)3、4号機の再稼働に向けた安全対策の進み具合を報道陣に公開した。原子力規制委員会がまとめた新規制基準に基づき、重大事故に備えた施設建設が進む。ただ、規制委の ...

    2013/08/29 03:00

  • 九州の原発

    川内原発で国の原子力防災訓練 震災後初、10月に実施

     政府は28日、原子力災害の対応を検証する国の原子力総合防災訓練を、10月上旬に九州電力川内原子力発電所(鹿児島県薩摩川内市)で2日間の日程で実施することを明らかにした。  訓練は東京電力福島第 ...

    2013/08/29 03:00

そもそもqbizとは?

Recommend

写真ニュース一覧

Recommend