ようこそ ゲスト様

qBiz 西日本新聞経済電子版

TOP> 九州の原発

九州の原発

  • 九州の原発

    薩摩川内市に歓迎と反発の声 「玄海」の佐賀は受け止め冷静 川内原発の優先審査で

     原子力規制委員会での九州電力川内原発(鹿児島県薩摩川内市)の優先審査が決まった13日、地元自治体や、経済界からは「大きなヤマを一つクリアした」と歓迎の声が上がった。反原発団体は「全国の仲間と連携し再 ...

    2014/03/14 03:00

  • 九州の原発

    九電「真摯かつ精力的に対応」

     九州電力は13日、「今後、これまでの指摘事項などを反映させた申請書類を提出し、原子力規制委員会の適合性審査に真摯(しんし)かつ精力的に対応してまいります。さらなる安全性、信頼性向上への取り組みを自主 ...

    2014/03/13 15:00

  • 九州の原発

    川内原発、優先審査入り決定 全国初

     原子力規制委員会は13日の定例会合で、九州電力川内原発1、2号機(鹿児島県薩摩川内市)について、安全審査の作業を優先することを正式に決めた。審査中の10原発17基で優先審査に進むのは初めて。優先審査 ...

    2014/03/13 10:40

  • 九州の原発

    「1番手」の地元、再稼働賛成派も戸惑い

     九州電力川内原発(鹿児島県薩摩川内市)が、再稼働に向けた原子力規制委員会の安全審査で先頭に立ったことに、再稼働を待望してきた地元の商工業者や、行政職員から戸惑いの声も上がっている。再稼働第1号になれ ...

    2014/03/13 03:00

  • 九州の原発

    FREE 川内原発を優先審査へ 地震動の想定を評価、原子力規制委

     原子力規制委員会が進めている九州電力川内原子力発電所1、2号機(鹿児島県薩摩川内市)の安全審査で、九電が示していた想定される最大規模地震の揺れ(基準地震動)が12日、ほぼ固まった。施設や機器の耐震性 ...

    2014/03/13 03:00

  • 九州の原発

    安全審査、「川内優先」の決め手は

     昨年7月から進む原子力規制委員会の安全審査は、九州電力川内原子力発電所の「基準地震動」が固まり、大きなヤマを越えた。ほぼ同時に審査が始まった北海道電力泊原発(北海道)、関西電力の大飯原発(福井県)と ...

    2014/03/13 03:00

  • 九州の原発

    被ばく医療手探り、「万全」は川内原発11キロ

     大規模な原子力災害を見据え、体制の強化が急がれる緊急被ばく医療。原発立地県では手探りが続く。  床や壁、医療器具から電話の受話器まで、あらゆるものがビニールシートで覆われた室内は、臨戦態勢その ...

    2014/03/06 03:00

  • 九州の原発

    原発優先審査、川内一歩前進 規制委が評価

     九州電力は5日、原子力規制委員会の安全審査で、川内原発1、2号機(鹿児島県薩摩川内市)の最大規模の地震の揺れ(基準地震動)を従来の585ガルから620ガルに引き上げる方針を示した。規制委はおおむね妥 ...

    2014/03/06 03:00

  • 九州の原発

    被ばく医療、佐賀と鹿児島で後手 原発30キロ圏外の施設指定進まず  

     原子力発電所が立地する13道県のうち、佐賀、鹿児島の九州の2県で、原発事故時に放射能で汚染された負傷者らを治療する「緊急被ばく医療施設」の指定が進んでいない。福島第1原発事故後に緊急防護措置区域(U ...

    2014/03/06 03:00

  • 九州の原発

    原発停止で域内総生産5272億円減 12年度の九州

     九州経済調査協会は、九州電力の玄海(佐賀県玄海町)、川内(鹿児島県薩摩川内市)両原発の停止による直接的な影響だけで、2012年度の九州の域内総生産が5272億円減少するとの試算を発表した。   ...

    2014/03/05 03:00

  • 九州の原発

    病院・施設の避難計画策定進まず 九州の原発30キロ圏は2%

     九州電力の玄海原発(佐賀県玄海町)と川内原発(鹿児島県薩摩川内市)から半径30キロ圏内にある福岡、佐賀、長崎、鹿児島4県16市町の病院・福祉施設452カ所(対象者約1万7千人)のうち、原発事故に備え ...

    2014/03/05 03:00

  • 九州の原発

    九電、再値上げ判断先送り 原発安全審査見極め

     九州電力の瓜生道明社長は27日の記者会見で、電気料金再値上げについて「検討する必要がある」と述べつつ、当面は原発再稼働に向けた対応に全力を傾ける姿勢を強調した。原発再稼働が見通せない場合、2月中にも ...

    2014/02/28 03:00

  • 九州の原発

    川内原発、基準津波引き上げ 

     九州電力は26日、原子力規制委員会の安全審査で、川内原発1、2号機(鹿児島県薩摩川内市)で想定される最大規模の「基準津波」の高さを、申請時の約3.7メートルから約5.2メートルに引き上げると説明した ...

    2014/02/27 03:00

  • 九州の原発

    「原子力村」は変わらない 佐藤栄佐久前福島知事に聞く

     福島県では福島第1原発事故や地震津波の被災者約14万人が今も避難生活を強いられている。現職時代から電力会社の隠蔽(いんぺい)体質や国の原発政策に疑問を投げ掛けてきた同県前知事の佐藤栄佐久氏(74)に ...

    2014/02/21 03:00

  • 九州の原発

    規制委が原発審査に優先順位 来月選定、玄海も有力

     原子力規制委員会は19日の定例会合で、先行して安全審査をしている6原発10基のうち、重大な問題がない原発を3月上旬にも選定し、手続きを優先的に進めることを決めた。九州電力玄海原発3、4号機(佐賀県玄 ...

    2014/02/20 03:00

  • 九州の原発

    川内の再稼働「9月判断も」 鹿児島県知事

     鹿児島県の伊藤祐一郎知事は14日、6月議会としていた九州電力川内原発(同県薩摩川内市)の再稼働の可否判断の時期について、原子力規制委員会の田中俊一委員長が安全審査の終了が4月以降になると明言したこと ...

    2014/02/15 03:00

  • 九州の原発

    地震津波の課題提示 玄海最少も川内最多、原発安全審査

     原子力規制委員会は12日、再稼働の前提となる安全審査で先行する6原発10基の地震津波の課題を提示し、審査状況を発表した。課題では、九州電力玄海3、4号機(佐賀県玄海町)が3項目と最少、川内1、2号機 ...

    2014/02/13 03:00

  • 九州の原発

    佐賀と鹿児島の原発立地県知事、再稼働へ攻守対照

     原発再稼働に向けた地元了解の手続きをめぐり、九州電力の原発を抱える2県の知事のスタンスに大きな違いが出ている。佐賀県の古川康知事は「(手続きについて)私から述べることはできない」などと国の判断を待つ ...

    2014/02/13 03:00

  • 九州の原発

    原発安全対策を九電担当が説明 佐賀・伊万里市議会

     佐賀県の伊万里市議会防災・環境施設対策調査特別委員会は4日、九州電力の玄海原発担当者を招き、東京電力福島第1原発事故後の安全対策について説明を受けた。市が九電に求めている立地自治体並みの安全協定に関 ...

    2014/02/05 03:00

  • 九州の原発

    特ダネ 九電再値上げ、月内判断へ 原発審査の進展見極め

     九州電力が、電気料金の再値上げを早ければ月内にも判断する方針であることが3日、分かった。原子力規制委員会による川内原発1、2号機(鹿児島県薩摩川内市)と玄海原発3、4号機(佐賀県玄海町)の安全審査が ...

    2014/02/04 03:00

そもそもqbizとは?

Recommend

写真ニュース一覧

Recommend