ようこそ ゲスト様

qBiz 西日本新聞経済電子版

TOP> 記者コラム

記者コラム

  • 記者コラム

    知る人ぞ知る地下鉄駅近場のオアシス

     360度に美しく枝を広げたタブノキ。戦前に南西諸島から持ち帰られ、120年に一度と言われる一斉開花を待つリュウキュウチク。同じく戦前に海外から送られた正体不明の種子をまいたところ大きく育ったユーカリ ...

    2017/06/07 03:00

  • 記者コラム

    過去、現在、未来―並べ替えても同じ?

     1970年に雑誌連載された「光る風」(山上たつひこ著)という漫画がある。当時から見た近未来をテーマにした作品で、日本が再び軍国主義に突き進む状況を描いた。公害病の隠蔽、反政府運動の弾圧、海外への派兵 ...

    2017/06/06 03:00

  • 記者コラム

    会社辞めます。ホントです。

     きょう5月31日の勤務を最後に、13年9カ月間働いた西日本新聞社を退社する。妻の実家が醤油屋をしていて、後継者がいないので、修行をすることになった。  お世話になった方へのあいさつ回りをしなが ...

    2017/05/31 03:00

  • 記者コラム

    電話で「じゃあね」、あなたは何弁?

     NTTドコモの2017年夏の新商品発表会に参加した。新機種計9端末などが発表されたが、私が興味を持ったのは「世界初」という新機能「音声終話機能」の搭載だった。電話した相手との会話の最後に「バイバイ」 ...

    2017/05/30 03:00

  • 記者コラム

    無料の公衆トイレは「当たり前」?

     日本では「当たり前」のことでも外国ではそうではないことがある。この春、仕事でベルギーを訪れたときもそれを実感した。日本に多数ある「無料の公衆トイレ」が、ベルギーでは見当たらなかったのだ。  首 ...

    2017/05/24 03:00

  • 記者コラム

    あえて聞きたい福岡の辛口評判

     以前、福岡県の近隣にある少し高級な寿司店を知人の結婚祝で訪れた時の話。店内は、昼間でも薄暗い重厚な店構えだったが、中年の大将が、一見の客にも驚くほど気さくにおしゃべりしながら寿司を握ってくれた。 ...

    2017/05/23 03:00

  • 記者コラム

    決算の紙面化、もしAIなら…

     5月16日付朝刊に掲載した地場企業の2017年3月期決算まとめを担当した。自らの取材や同僚記者にもらったメモを読んで印象的だったのは、人口減少による人手不足が業績に影響を与えつつあることだった。 ...

    2017/05/17 03:00

  • 記者コラム

    韓国人に感じた緊張感の希薄さ

     韓国人の緊張感のなさに拍子抜けした。朝鮮半島の緊張感が極度に高まっていた4月15日と16日の週末、韓国・釜山市に行って来た。釜山駐在時代に知り合った何人かの友人に「北朝鮮と戦争になるのでは」と話を向 ...

    2017/05/16 03:00

  • 記者コラム

    熊本地震1年 益城で感じたこと

     熊本地震で被災した熊本県益城町にオープンした、地元で生産した農産物や加工食品を販売する「益城ファーマーズビレッジ・ファム」。コンテナを利用したおしゃれな造りで、熊本県産の食材を使った料理が味わえるカ ...

    2017/05/10 03:00

  • 記者コラム

    小さくたっていいじゃないか

     「成長産業」の候補として国が大規模化や企業化といった「改革」を押し進める農業。そんな農政の方向とは異なる小規模な農業の在り方を考える「小農学会」のシンポジウムが4月下旬に福岡市であった。農家や農業関 ...

    2017/05/09 03:00

  • 記者コラム

    恐るべし!「お犬様」マーケット

     もうすぐ2歳になる娘の犬好きが止まらない。外で散歩中のペット犬を見かけると、「ワンワン」と言って追いかけてしまう。北九州市内の自宅近くのペットショップに連れて行けば、ガラスケースに顔を付けたまま、な ...

    2017/05/02 03:00

  • 記者コラム

    週1の休み新設→営業利益2・5倍の衝撃

     今話題の「働き方改革」。  必要なのは分かっていても、従来の慣習を変えられず、大胆な改革に踏み切れない会社は多いはずだ。業務の効率を上げなければ、労働時間を減らした分だけ売り上げや利益も下がっ ...

    2017/04/26 03:00

  • 記者コラム

    「ベスト電器」というブランド

     高校生の頃、ベスト電器の福岡本店(福岡市・天神)は憧れの地だった。オーディオセットには手が届かなかったが、店頭でチューナーやスピーカーを眺めているだけで心が躍った。古い型式のカセットテープレコーダー ...

    2017/04/25 03:00

  • 記者コラム

    「海外から起業家誘致」の本気度は?

     「日本は海外から起業家を誘致したいのかどうか分からない」。働く外国人を取材した連載「新 移民時代」第6部(3月31日〜4月5日)の取材で、海外の起業家に話を聞いたとき、こんな声をよく聞いた。 ...

    2017/04/19 03:00

  • 記者コラム

    田んぼの集約は進むのか

     平日の日中は福岡市・天神の職場でサラリーマンとして働きながら、週末や早朝は福岡県筑後地区にある自宅近くの田んぼで米作りに汗を流す50代男性がいる。「使い古したワイシャツを作業着にして、妻と2人でやっ ...

    2017/04/18 03:00

  • 記者コラム

    「西友佐賀店」の閉店に寄せて

     古里のニュースに寂しさがこみ上げた。佐賀市のJR佐賀駅前にある西友佐賀店が、来年1〜3月に閉店するという。  眼鏡をかけ始めた小学5年のころ、わんぱく盛りで、眼鏡のフレームや鼻当てがよくゆがん ...

    2017/04/12 03:00

  • 記者コラム

    優秀な外国人材に背筋が“寒く”なった

     連載「新移民時代―変わる仕事場」(3月31日〜4月5日、計6回)では、「高度人材」と呼ばれる優秀な外国人の採用を積極化させる地場企業の動きや課題を追った。西日本新聞とqBizに掲載した記事の中では紹 ...

    2017/04/11 03:00

  • 記者コラム

    シェアリングサービスはお得か

     インターネットを通じて、モノやサービスを個人間で貸し借りしたり、企業から借りたりする「シェアリングエコノミー」や「シェアリングサービス」が広がりつつあるらしい。単なる節約ばかりでなく、効率よくさまざ ...

    2017/04/05 03:00

  • 記者コラム

    FREE 九電入社式で社長が40分超語ったこと

     「今から約140年前、エジソンが電球を作った」。4月3日に福岡市内で開かれた九州電力の入社式。瓜生道明社長のあいさつは、白熱電球を発明した米国の発明王トーマス・エジソンまでさかのぼって始まった。驚い ...

    2017/04/04 03:00

  • 記者コラム

    「正しい判断」だけがいいのか

     さまざまな分野に広がる人工知能(AI)やビッグデータ。最近は投資の世界でも活用が活発だ。先日、ふくおかフィナンシャルグループが福岡市で開いた投資応援セミナーでも、AIを使った資産運用がテーマの一つだ ...

    2017/03/29 03:00

そもそもqbizとは?

Recommend

写真ニュース一覧

Recommend