ようこそ ゲスト様

qBiz 西日本新聞経済電子版

TOP> 資源・エネルギー

資源・エネルギー

  • 九電工会長に九電の佐藤副社長

     九電工(福岡市)が、九州電力の佐藤尚文副社長(66)を会長に起用する人事を固めたことが分かった。藤永憲一会長(67)は相談役に就く。6月の株主総会後の取締役会で正式決定する。九電工の会長職は、筆頭株 ...

    2018/04/22 03:00

  • 九州の原発

    玄海4号機、5月24日にも再稼働 九電、燃料装填始める

     九州電力は21日、玄海原発4号機(佐賀県玄海町)の原子炉に核燃料を装填(そうてん)する作業を始めた。25日までに装填を終了する予定。原子炉の起動までに必要な検査は、順調に進めば5月23日までに完了し ...

    2018/04/22 03:00

  • 玄海4号に核燃料装填開始 九州電力

     九州電力は21日未明、玄海原発4号機(佐賀県玄海町)の原子炉に核燃料を装填(そうてん)する作業を始めた。25日までに使用済み燃料プールに保管している核燃料193体を原子炉に入れる計画で、原子炉の機能 ...

    2018/04/21 15:00

  • 九州の原発

    玄海4号機の燃料装填準備進む

     九州電力は20日、玄海原発4号機(佐賀県玄海町)で原子炉に核燃料を装填(そうてん)するための準備作業を進めた。21日未明から装填を始める予定。  装填作業は、使用済み燃料プールに保管されている ...

    2018/04/21 03:00

  • FREE 九電新社長に池辺氏昇格へ 瓜生氏は会長に

     九州電力は、瓜生道明社長(69)の後任に池辺和弘取締役常務執行役員(60)を昇格させる人事を固めた。瓜生氏は代表権のある会長に、貫正義会長(73)は相談役に就く見通し。課題だった原発の4基運転体制が ...

    2018/04/21 03:00

  • 九州の原発

    元原発技術者の後藤氏「原子炉止め点検を」 蒸気漏れで佐賀県に助言

     玄海原発3号機(佐賀県玄海町)の蒸気漏れトラブルで、元東芝の原子炉格納容器設計者の後藤政志氏(68)が20日、「原子炉を止めて総点検を(九州電力に)求めるべきだった」と、県に安全確認の手法を助言した ...

    2018/04/21 03:00

  • 電力新時代

    安川電機、環境エネ事業の売上高360億円 洋上風力需要が追い風

     安川電機(北九州市)は20日、風力発電を中心とした「環境エネルギー事業」の2021年2月期の売上高が18年2月期比2・2倍の360億円規模になる見通しを示した。脱原発を目指し再生可能エネルギー導入に ...

    2018/04/21 03:00

  • 電力新時代

    苅田町バイオマス「再エネの拠点に」 関電が立地協定

     関西電力は20日、福岡県苅田町に建設を計画するバイオマス発電所について、同町と立地協定を結んだ。町役場であった協定式で香川次朗副社長は「(苅田の発電所は)再生可能エネルギー事業の大きな拠点になる」と ...

    2018/04/21 03:00

  • 九電、社長交代で成長戦略へかじ 原発4基実現へ、経営再建にめど

     九州電力のトップが約6年ぶりに交代する人事が固まった。2011年の東京電力福島第1原発事故後、大きく傷んだ経営を立て直す環境づくりに一定のめどがついたことが背景にある。今後、重要度が増すのは成長戦略 ...

    2018/04/21 03:00

  • 【人事】TSIホールディングスほか

     ◇TSIホールディングス(5月25日)社長(取締役)上田谷真一▽監査役 鍋山徹、(取締役)山田康夫▽退任 社長斎藤匡司、監査役坂田修弘、渡辺文雄  ◇DDホールディングス(5月25日)取締役  ...

    2018/04/21 03:00

  • 核の傘に日本など30カ国 ICAN「不拡散を損なう」

     【ジュネーブ共同】核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)は19日、米国やロシアの「核の傘」に入る国は日本、ドイツ、ベラルーシなど計30カ国あり、安全保障を他国の核兵器に依存することで核不拡散体制を損 ...

    2018/04/20 05:59

  • 九州の原発

    玄海原発4号 21日燃料装填 3号は5月16日通常運転

     九州電力は19日、玄海原発4号機(佐賀県玄海町)の再稼働に向けた核燃料の装填(そうてん)作業を21日に始めると発表した。25日までに全193体を原子炉に入れる計画。その後、原子炉の機能検査などを行い ...

    2018/04/20 03:00

  • 川内2号機が3日から定検

     九州電力は19日、川内原発2号機(鹿児島県薩摩川内市)の定期検査を23日に始めると発表した。法令に基づく検査に加え、主要設備である蒸気発生器の交換などを実施するため、原子炉を約5カ月間停止する計画。 ...

    2018/04/20 03:00

  • 松浦2号が19年4月試運転 九電火力最大の100万キロワット 建設現場を初公開

     九州電力は19日、長崎県松浦市で建設を進めている石炭火力の松浦発電所2号機の工事現場を初めて報道陣に公開した。出力100万キロワットと単体では同社の火力発電で最大。工事は順調に進んでおり、2019年 ...

    2018/04/20 03:00

  • 「噴火リスク」原発に波紋 広島高裁の伊方3号機差し止め決定契機 脱原発派→運転停止拡大を期待 電力会社→対策費増加に危機感

     原発への火山の危険性を巡る司法判断に対し、電力側と脱原発派が神経をとがらせている。広島高裁が昨年12月、大噴火の危険性を指摘し、運転を差し止めたことがきっかけ。脱原発派は各地の原発の運転停止につなが ...

    2018/04/20 03:00

  • 玄海4号21日から燃料装填開始 九電、5月下旬に再稼働へ

     九州電力は19日、玄海原発4号機(佐賀県玄海町)の再稼働に向けた核燃料の装填作業を21日に開始すると発表した。玄海3号機に続き、九電として4基目の再稼働工程が大詰めに入る。作業が順調に進めば、25日 ...

    2018/04/19 20:00

  • 関電、マンション向け電力買収 長谷工子会社から、事業拡大狙う

     関西電力は19日、長谷工コーポレーションが子会社を通じて手掛けるマンション向けの電力販売事業を買収すると発表した。首都圏など関西以外での電力事業をさらに拡大する狙い。買収額は約229億円で、7月1日 ...

    2018/04/19 19:22

  • 南鳥島沖の深海に希土類1000万トン超 世界消費の数百年分

     海洋研究開発機構や東京大のチームは、太平洋の南鳥島沖の深海底で見つかったレアアース(希土類)を含む泥の濃度を調査した結果、2500平方キロの範囲で埋蔵量が1600万トンを超すとの推計を発表した。 ...

    2018/04/19 13:59

  • 関電、長谷工の電力事業買収へ 首都圏さらに拡大

     長谷工コーポレーションが子会社を通じて手掛けるマンション向けの電力販売事業を、関西電力が買収する方向で調整していることが19日、分かった。首都圏など関西以外での電力事業をさらに拡大する狙いで、買収額 ...

    2018/04/19 10:22

  • NY株反落、38ドル安 IBM7・5%下げる

     【ニューヨーク共同】18日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は3営業日ぶりに反落し、前日比38・56ドル安の2万4748・07ドルで取引を終えた。17日に発表した2018年1〜3月期決算が ...

    2018/04/19 06:01

そもそもqbizとは?

Recommend

写真ニュース一覧

Recommend