qBiz 西日本新聞経済電子版
ログイン

Q)プレミアムフライデーにする事のアイデア募集という文章が職場で回ってきました…。

記者:中村修治氏
修治の大人の相談室 R25

中村修治氏(なかむら・しゅうじ) キナックスホールディングスとペーパーカンパニーの代表取締役社長。1986年、立命館大卒。94年、福岡で独立。大手広告代理店のブレーンにもなる戦略プランナー。Good不動産やJR博多シティのネーミングなども手掛けた。企業顧問や福岡大非常勤講師も。ネット上でコラムを書くと数万のアクセスを荒稼ぎ。フェイスブックでは、毎月15000いいね以上を獲得。

【相談内容】

(ペンネーム:けいこまり/39歳女性/既婚/返答モード:ハード/アダルト返答:可)

 プレミアムフライデーにする事のアイデア募集という文章が職場で回ってきました。

 早い時間に退社する日のはずなのに、15時頃からみんなで何かをしようというおかしなアイデア募集です。

 そして恐ろしいことに現段階での第一候補が、ノンアルコールの食事会。

 良いアイデアを出さないと、この鬼のような企画が通ってしまいます。

 助けてください。良いアイデアありませんでしょうか?


【修治の回答】

 お花畑みたいな経済施策を、
 机の上だけで考えてんじゃねぇよっ!!!



 大企業の広報担当者が「じゃあ週明けによろしくね」とプレミアムフライデーだとルンルンで街に出る。その話を受けた代理店の営業の方々は、さらに下請けのスタッフに「じゃあ週明けにね」と丸ふりで定時退社をされる。残された弱小の制作スタッフは、さらに週末に仕事を強いられる。


 日本の中小企業の割合を知ってるのでしょうか?150万社で日本全体の99,2%。その7割が赤字申告だと言われています。月末の金曜日に、早く仕事を切り上げて、意気揚々と旅行や飲みに出かけられるのは、ほんの一部だって・・・。プレミアムフライデー・・・まったくもってお花畑企画である。



Recommend

ランキング(週間)

Recommend