qBiz 西日本新聞経済電子版
ログイン

響灘風力「着工の前倒しも」 北九州市がアセス短縮の見通し

記者:井崎圭
電力新時代

洋上風力発電事業の進ちょく状況などを説明する北九州市の光武裕次部長=19日午後、北九州市小倉北区

 北九州市若松区響灘の洋上風力発電所計画で、同市は19日、これまで2022年度からの着工とされた事業スケジュールが前倒しになる可能性を明らかにした。4年かかると想定された環境影響評価(アセスメント)の ...



Recommend

ランキング(週間)

Recommend