qBiz 西日本新聞経済電子版
ログイン

自己否定しかない?「脱ラブホ」に突き進む福岡のラブホ事情

記者:吉武和彦
福岡スタイル

「ビジネス利用が増え始めた」という福岡市内のラブホテル=福岡市博多区竹下2丁目

ダブルベッドやマッサージチェアなど通常のビジネスホテルにはない「ぜいたく品」(関係者)を備えた寝室。トイレと風呂は別々で、サウナもある=福岡市博多区の「ホテルエリス」

室内に併設されたサウナ。「サラリーマンの疲れを癒やしてくれる」と好評らしい

 受験生が宿を確保するのもままならないほど「ホテル不足」の福岡。それでも、ラブホテルの経営は甘くないようだ。需要のピークとされたバブル期から30年近く。この間、少子化で若者の数は減り、廃虚となった施設も。観光立国を目指す政府は普通のホテルへの転換を後押しするが、資金や利用者の心理的な“壁”が立ちはだかる。生き残りの鍵は自己否定につながる「脱ラブホ」なのか。

 ■「ラブホだろ」と炎上

 「えっ、これで1泊6000円?」。福岡市・天神周辺のホテルに1人で泊まった中年男性は、あまりの安さに驚いた。

 法事のため東京から福岡へ帰省。交通の便がいい中心部に泊まろうとインターネットで探した結果、「破格」のホテルを見つけた。

 料金は地方のビジネスホテル並み。それなのに部屋の仕様はまったく違った。ベッドは広く、テレビも大きい。トイレと風呂は別々で、しかもリゾートホテルのように洗練されていた。2泊3日の日程で滞在した男性は「また泊まりたい」と気に入った様子だ。

 実は、ここは元ラブホテル。10年ほど前、普通のホテルに業態転換した。壁や天井を彩った青やピンクの「どぎついカラーリング」(支配人)をやめ、白と黒を基調にした落ち着いた雰囲気に変えた。

 現在、「業績を伸ばしている」というが、道のりは平坦ではなかったようだ。

 ネットの予約サイトにホテルの情報を載せたところ、次々にクレームが書き込まれた。昔の業態を知る人たちとみられ、「ここってラブホだろ」「何で宿泊サイトに載っているんだ」などと炎上したという。

 当時、玄関ロビーにはラブホテルの“象徴”とも言える部屋選びの大型パネルがあった。ホテル側は早速撤去。「脱ラブホ」(支配人)を徹底したところ、書き込みはなくなったという。

 訪日外国人客の急増もあって、今は福岡のホテル業界にも追い風が吹く。

 支配人は振り返った。

 「あのままだったら今ごろダメだったかも」

 ■大型投資に二の足?

 総務省統計局によると、バブル期の1990年は3300万人を超えた20〜30代の人口は、2016年に2800万人を下回り、2割近く減った。「ラブホテル市場が縮小した」といわれるゆえんだ。

 普通のホテルに転換するには大きな投資がいる。営業許可が風営法から旅館業法に変わり、対面式のフロントなどを設置する必要があるためだ。

 億円単位の資金がかかる場合もあり、中小事業者が多いラブホテルには「痛手」。しかも、資金を借りるにも「金融機関がなかなか融資してくれない」(ラブホテル経営者)のが実情だ。

 そうした中、政府がある号令を打ち出した。

 16年4月、厚生労働省が日本政策金融公庫に対し、ラブホテルが普通のホテルに業態転換する場合、「積極的に対応するように」と通知した。

 狙いはホテルの増設だった。20年の東京オリンピックを見据え、訪日外国人客のさらなる増加で深刻化が予想されるホテル不足に手を打った。

 ところが、大型投資に二の足を踏んでいるのか、公庫によると、通知後1年間のまとめで、融資実績は「ゼロ」だ。

 ※次ページは「心配りの『脱ラブホ』」



Recommend

ランキング(週間)

Recommend