qBiz 西日本新聞経済電子版
ログイン

「仮想現実」広がる未来 設備導入後のイメージを事前に確認 「山笠」いつでも体感

記者:井崎圭

安川情報システムが営業で活用しているAR端末。奥のモニターは利用者が見ている画面=7月下旬、北九州市八幡西区

 専用ゴーグルを着けてリアルな体験ができるVR(仮想現実)や、実際には無いものを現実に投影するAR(拡張現実)の活用が広がっている。従来はゲームや研究で利用される程度だったが、営業や観光PR、教育など ...



Recommend

ランキング(週間)

Recommend