qBiz 西日本新聞経済電子版
ログイン

大量土砂 処理が課題 九州豪雨から5カ月 朝倉市や東峰村 復興計画策定まで山積みに

記者:坂本公司、大坪拓也、末広浩
2017九州豪雨

朝倉市の「あまぎ水の文化村」に山積みされた土砂。県などが処理、活用を急ぐ

 九州豪雨から5カ月を迎えた福岡県朝倉市や東峰村で、山腹崩壊などによって流出した大量の土砂が、災害現場や仮置き場に山積みになっている。処理や活用方法は決まっておらず、復旧復興工事が本格化する中で「大き ...



Recommend

ランキング(週間)

Recommend