qBiz 西日本新聞経済電子版
ログイン

幻の「平成通り」を知っていますか 福岡の歴史を走る貫線、次の時代の行き先は

記者:福間慎一
デスクコラム

幻の「平成通り」。天神地区では、高さがそろうビルが並ぶ

「明治通り」の名前が決まった1989(平成元)年8月9日の天神交差点。天神ビル(右上)は今も当時のままだ

 お寺の横を通り、大きな交差点を過ぎるとオフィス街へ。川を渡れば飲食店や映画館が軒を連ね、高さがそろったビルが並び、買い物袋を下げた人が行き交う。その先では水鳥が憩う城跡の堀を冷たい風が渡り、落葉を免れた歩道のクロガネモチやホルトノキの緑が揺れている――。

 福岡市の中心部を東西に貫く明治通りをゆっくり歩くと、あらためてその豊かな表情に感じ入る。正式名称は「市道千代今宿線」、最も市民に親しまれている道の一つだろう。

 博多区から西区までの全長10.2キロが「明治通り」と名付けられたのは1989年、平成元年の夏だった。福岡市制施行(明治22年)から100周年を記念し、他の道路とともに愛称を公募した。

 この通り、実は「平成通り」になるかもしれなかった、ということをご存じだろうか。

 89年8月10日付の本紙朝刊に、道路愛称決定の記事が載った。明治通りに関する部分に、驚くべき募集結果が記されている。

 <応募数は「平成通り」(143票)、「福博通り」(79票)などより極端に少なく23位の3票だった>

 なんと、圧倒的多数の支持は幕を開けたばかりの時代の名前を冠した「平成通り」に集まっていたのだ。昭和通りと国体道路に挟まれた大通りに、私たちは新時代の発展への期待を込めたのだろうか。

 「明治通り」は、わずか3票。ではなぜ――。記事は、選定理由としてこう続けている。

 <「道路の大部分が明治末期に整備され、市制施行時(明治22年)の元号を道路愛称として残すのは意義がある」>

 今となっては定着した愛称だが、異議はなかったのだろうか。当時の詳しい経緯は当局もわからず、福岡市史にも関連の記述を見つけられなかった。




Recommend

ランキング(週間)

Recommend