qBiz 西日本新聞経済電子版
ログイン

店舗で再起 “屋台”守る 公募落選、廃業の危機乗り越え 中央区の長浜満月 リヤカー運び込む

記者:三笘真理子

元屋台の天井裏や柱には、常連客の名刺やメッセージが残る

入り口ののれんをくぐると鮮やかな黄色のあんどんが目をひく

 福岡市が2016年に実施した屋台経営者の公募制度で落選後、廃業の危機を乗り越えて営業再開にこぎ着けた“屋台”がある。中央区長浜2丁目の「長浜満月」だ。居酒屋として生まれ変わったが、店内には屋台時代に ...



Recommend

ランキング(週間)

Recommend