qBiz 西日本新聞経済電子版
ログイン

バー「ソロモン」、キープするのはガンプラ ホワイトベースは”陥落” <ガンダムを訪ねてin九州 第1話>

記者:三重野諭

シャアのコスプレで「坊やだからさ」。願望をかなえるメニューを作ったソロモンの「大佐」

 2019年は「機動戦士ガンダム」の放送から40周年。記念すべき年を控えて、さまざまなシーンにガンダムの波が来ている。

 NHKが「全ガンダム大投票」をやっていたり。
 AbemaTVや東京MXテレビでのシリーズ再放送が話題になったり。
 永野椎菜さんのtwitterのフォロワーが急増したり。
 アニメ「ポプテピピック」でもガンダムネタが多かった。

 伊集院光さんが以前、深夜ラジオで「ガンダム接待」という概念を唱えていた。初代ガンダムを見た世代が社内で昇進し、その上司をもてなすため、部下がガンダムについて勉強して話を合わせる。そんな内容だったと記憶している。そんな時代も来つつあるかもしれない。

 女性人気も侮れない。4年ほど前、他のマスコミの女性記者2人が私の集めていたフィギュアを見て「これってガンダムSEEDですよね」と知っていた。2人ともガンダム好きではなかったのに。興味深そうに女性キャラのフィギュアのスカートの内側をのぞいていた。

 なぜガンダムは根強いのか。シリーズが続き、新しいファンを獲得できているのか。九州のガンダムにまつわるスポットを訪ねれば、感じることができるかもしれない。この論理はこじつけか。いや、こんな時こそDON'T STOP! CARRY ON! 止まるんじゃねえぞ。

 というわけで、今回の企画「ガンダムを訪ねてin九州」。手始めに、福岡市内のガンダムバーを訪れることにした。

願望募らせ09年にオープン

 西鉄大橋駅から歩いて15分ほど。南区塩原にある「ZEON-SIDE DINING BAR SOLOMON」。ジオン軍の宇宙要塞「ソロモン」の名の通り、同軍のモビルスーツのプラモデルやフィギュアがところ狭しと並ぶ。はっきり言って連邦サイドの白い機体は少ない。高さ1メートルを超える木製のサザビーもそびえ立つ。

  「600体は超えてるでしょうか。お客さんのものが9割以上ですよ」とオーナーの松本伸雄さん(49)。お気に入りのガンプラを持ち込んで飾り、友達連れで来た際に見せて楽しめる、ボトルキープならぬ「ガンプラキープ」というサービスが好評らしい。

 「私が作ったガンプラを『見て下さい』というのはあまりやりたくなかったんです。家でゲームしたり、ガンプラ作ったりという生活をしているガンダム好きに出てきてほしかった」

 「仲間をつくり、ガンダム話をする場所をという思いだったので、皆さんから持ってきてもらうことを心掛けました。ただ、かっこいいガンプラを持ってこられて、それを見たら、作りたくてしょうがなくて、結局私もちょこちょこっと飾ってはいます」

 「大佐」と呼ばれる松本さん。ソロモンの主であれば、ドズル・ザビと同じ「中将」では?

 「最初は中将が恐れ多くて大佐からスタートしてたら、途中で『中将になりました』というのも恥ずかしくて、大佐止まりです。えへへ」



<次ページ:看板メニューは「ズゴック」?>



Recommend

ランキング(週間)

Recommend