qBiz 西日本新聞経済電子版
ログイン

「悪」の企業、実はホワイト? ヒーローショー業界を変える“ヤバイ”挑戦

記者:福間慎一
デスクコラム

記者会見場にさっそうと登場するヤバイ仮面

 2290001073139。

 企業や団体、公的機関など国内で指定されている「法人」は現在、およそ470万件。13桁の番号から法人名を検索できる国税庁の法人番号公表サイトにこの番号を入力すると、実に恐ろしい名前の法人が登場する。

 その名は「株式会社 悪の秘密結社」。ご存じの人も多いと思うが、ヒーローショーに特化した、福岡市に本社を置くベンチャー企業である。天神のビルの一室に構えたオフィスを訪ねると、社長の「ヤバイ仮面」こと笹井浩生さん(28)が、実に礼儀正しく迎え入れてくれた。

 「日本の法人で、『悪』の字を文字通り『悪い』という意味で名前に入れているのは、うちだけなんです」

 先の国税庁のサイトで検索すると、「悪」でヒットする法人は6件。地名のほかは「悪臭対策」の団体など。確かに「悪い」のはこの秘密結社だけだ。

 2016年3月に福岡市東区の自宅で創業した笹井さん。起業前は時計店で接客業に携わり、次に広告代理店で営業次長まで務めた。高校時代、ヒーローショーのアルバイトでステージに立ったときの感動が大人になっても消えず、胸の内に秘め続けたヒーローへの憧れが、普通のサラリーマンを最終的に「悪の道」へといざなった。

 起業から2年。社員3人のヒーローショー専門の会社だが、顧問弁護士とも税理士とも、社会保険労務士とも、すべて契約している。小さな会社なのに意外?いや違う。

 「悪の、と名乗っている会社が本当に悪かったら絶対ダメですよね」

 そう、悪の秘密結社は「ホワイト」なのだ。





Recommend

ランキング(週間)

Recommend