qBiz 西日本新聞経済電子版
ログイン

北海道南西沖地震から25年 奥尻島、灯籠流し慰霊

 北海道南西沖地震から25年、最も被害が大きかった青苗地区の岬から海に流される追悼の灯籠=12日夕、北海道・奥尻島

 地震直後に津波に襲われ、残った家も火災で燃え尽きた奥尻島南部の青苗=1993年7月13日

 北海道と青森県で計230人の死者・行方不明者を出した1993年の北海道南西沖地震から12日で25年。津波に襲われ、最大の被災地となった北海道奥尻島(奥尻町)では、島民らが海に灯籠を流すなどし、犠牲者 ...



Recommend

ランキング(週間)

Recommend