qBiz 西日本新聞経済電子版
ログイン

消えた「ファンタジ―」と残った心意気 ダイエーが押した福岡とギンギラの背中 福岡流通戦争モノ語り(2)

記者:福間慎一
フクオカ流通戦争

1992年9月、建設中の福岡ドームを背に歩く、当時球団オーナーの中内氏

今や福岡を代表する風景の一つとなったドームとホテル。かぶりモノは22年前に製作された最古参たちで、公演では修理しながら使用している



 1枚の写真がある。

 撮影日は1992年9月16日。建設が進むドーム球場を背に、一人歩く男性。ダイエー会長兼社長の中内㓛氏だ。西日本スポーツの1面、福岡ドーム元年となる翌93年から、チームの指揮を根本陸夫氏(99年死去)に託すのでは――という特ダネに添えられた写真だった。記事には、根本氏に会ったかを聞かれて「否定も肯定もしない。ノーコメントだよ」という氏の言葉が残っている。

 (ギンギラ太陽’s・大塚ムネトさん)中内氏は「福岡に愛されたかった人」だと思います。ダイエーは今、福岡にはありません。流通戦争の中で、残念ながら敗れていったダイエー、そしてそのトップだった中内さんはもう、「過去の人」なのでしょうか。そんなことはないと思います。

 記事の写真説明文には「“ドーム元年”に向け、新しい構想に思いをめぐらすダイエー・中内オーナー」とある。その通り、巨艦・ダイエーのトップとして、中内氏の頭にはさまざまなアイデアや思いが浮かんでは消えていたのかもしれない。

 (大塚)中内さんがダイエーの参考にしたのが、北九州市の「丸和」でした。ここは1956年に誕生した日本初のスーパーマーケット。創業した吉田日出男さんは、当時最新だったセルフサービス方式を導入し、よい品をより安く消費者に届けるという「主婦の店運動」を全国に展開。これに中内さんが共感して交流が始まりました。丸和が薬の仕入れに苦労した時には、もともと医薬品販売をしていた中内さんが協力しています。福岡が「ダイエー第二の創業地」となったのも、この丸和との縁がきっかけじゃないでしょうか。

 1963年に九州上陸を果たし、71年に旗艦店・ショッパーズを開店させたダイエー。その後は福岡で破竹の勢いで店舗網を広げた。そして流通業から初のプロ野球経営参入。勢いは誰しもが認めるところだった。

 (大塚)当時はスーパー同士の戦いも凄まじいものがありました。「九州一だった寿屋」の売り上げを抜いた時、ダイエーの社員集会では、オープニングに「宇宙空間を飛ぶ巨大なダイエーのマークが、寿屋のマークをレーザービームで爆破して飛んでいく」という強烈な映像が流れたそうです。




Recommend

ランキング(週間)

Recommend