qBiz 西日本新聞経済電子版
ログイン

なんと1日の売上6億円超! 決してヘラない! 福岡のデリヘル市場

記者:中村修治氏
中村修治の深夜の経済学

中村 修治(なかむら・しゅうじ)氏
キナックスホールディングスとペーパーカンパニーの代表取締役社長。1986年、立命館大卒。94年、福岡で独立。大手広告代理店のブレーンにもなる戦略プランナー。Good不動産やJR博多シティのネーミングなども手掛けた。企業顧問や福岡大非常勤講師も。ネット上でコラムを書くと数万のアクセスを荒稼ぎ。フェイスブックでは、毎月15000いいね以上を獲得。



 日本の風俗産業の市場規模は、5兆円を超える。ここに就業する風俗嬢の数は、30万人以上。なんと、日本一のトヨタ自動車の従業員数(約34万人)と同等なのである。広告規制がある中で、この規模。お・も・て・な・し・・・見方を変えると立派なリピートビジネスの原型がここにある。

 ワタシは、セーラー服や人妻ジャンルを考え出した風俗王とお知り合いである。ここ福岡出身のお方である。ケツの穴がとにかくデカい。ガバガバである。そういう人材が育つ土壌が中洲にはある。中洲発の『深夜の経済学』から学ぶべきことは、めっちゃ多いはずである。

 西日本新聞紙上では絶対にできない!ネットメディアだから読める良質の経済マーケット分析コラム!

お悩み相談でも爆走する中村修治が担当します。

中洲好きのサラリーマンも、
中洲好きの旦那を持つ人妻さんも、
これは、必読でございますよ。


 ◇  ◇

 銀行の売上高にあたるものは「経常収益」。その内訳は、①資金運用収益+②役務取引等収益+③その他業務収益+④その他経常収益である。ちなみに、日本の銀行で最高の売り上げを上げているのは、天下の三菱UFJフィナンシャル・グループで、年間5.6兆円。(出典)

 一方、日本の風俗産業の市場規模は、デリヘルの経済学(レジャー白書2007)によると、年間合計:5兆6,884億円とされている。なんと、三菱UFJフィナンシャル・グループの売上高とほぼ同じなのである。

 ・・・で、その内訳は、
 ソープランド:9819億円。
 キャバクラ:9900億円。
 ヘルス・イメクラ:6708億円。
 ピンサロ:6457億円。
 デリヘル:2兆4000億円

 なんと風俗産業市場の約4割は、デリヘルが占めている。矢野経済研究所の発表による2014年度の国内化粧品市場規模が2兆3,305億円。全国の女性が化粧品に年間使っているお金と、全国の男性諸氏がデリヘルに落としているお金が、ほぼ一緒。マス広告など一切できないデリヘル市場規模が、マス広告比率が一番高いと言われている化粧品市場と同じ。恐るべし闇のマーケットである。

 東京の歌舞伎町。札幌のすすきの。福岡の中洲。ここ福岡は、日本の三大歓楽街を抱えている。



Recommend

ランキング(週間)

Recommend