ようこそ ゲスト様

qBiz 西日本新聞経済電子版

TOP >記事

わが社の人財戦略

一覧ページへ

カムバック制で女性も働きやすい アイ・ケイ・ケイ(Q&Aと動画付き)

2017年04月11日 03時00分 更新

記者:根井輝雄


  • 山際翔太朗(やまぎわ・しょうたろう)営業企画部人事課長

  • アイ・ケイ・ケイのロゴマーク

山際翔太朗(やまぎわ・しょうたろう)営業企画部人事課長

 経営理念として、ウエディングで「お客さまの感動のために」を掲げている。理念を共有できる人を採用するため、面接を6回以上実施する。手間と労力はかかるが、多くの社員と面接することで、学生に当社の考え方を理解してもらえる。

 組織一丸となって感動をつくるには「人財」が最も重要だ。年2回、全社員にアンケートして改善を図っている。その中で16日間連続の休暇制度を制定した。綿密に計画を立てて休みを取る社員をフォローすることで、逆に生産性が向上している。

 中途退職した社員のカムバック制度もある。女性支配人の割合は35%で、女性が働きやすい環境も整えている。

 将来のビジョンは、2023年に「日本を代表する感動創造カンパニー」、33年には「世界一『ありがとう』が集まる」。今後は海外事業も広がるだろう。世界一の目標に向かって進みたい。

■■■

これがわが社の人財活用術だ
qBizが聞きたい7つの質問
※回答は山際氏。若手社員の動画「私がこの会社を選んだ理由」付き

 (1)即内定!ぜひ会社に迎えたい人材とは?

 経営理念に共感できる人、自ら考え自ら挑戦できる人。組織一丸となって「お客さまの感動を通して社会に貢献します」という使命・経営理念がある。それを学生に理解してもらうため、6回以上面接する。手間と労力はかかるが、全社一丸となって実施している。学生も6回来るのは大変だが、いろんな社員が入って面接し、多面的に学生を見る。面接は1回に1時間半はかける。

 (2)採用活動で一番の悩みは?

 おかげさまで年々応募数は増えている。内定辞退はきわめて少ない。自ら考え、自らリスクをとって挑戦したい人にまだまだ会いたい。

 (3)いま会社として一番忙しいことって何ですか?

 婚礼に全社員一丸となるため、全ての部署がいい意味で忙しい。今、海外事業が走りだした。今年1月にインドネシアに現地法人を設立し、2月から営業活動を始めた。現地で採用したインドネシアの社員が日本に研修に来ている。

 (4)10年後、あなたの会社はどうなっている?

 ビジョンとして掲げているのは、2023年に「日本を代表する感動創造カンパニーとなり世界に挑戦する」、2033年に「世界一『ありがとう』が集まる感動創造カンパニーになる」、2035年に「一人ひとりがリーダーとして数多くの分野から選択・挑戦し新たな世界企業を創る」。どちらかというと夢だが、10年後には海外事業も広がるだろう。経営目標として30店、売上高300億円を掲げており、これは達成できると考えている。

 (5)社員の能力開発、スキルアップのために取り組んでいることは?

 学びたい社員に投資する支援制度がある。また、社内勉強会を月2回開いており、社員同士でお互い価値観を共有し、意識を高めている。部署や入社年次に関係なく、若い社員からベテランまで、集まった人たちがグループで話し合う。われわれは無形のサービスを提供するので、社員一人一人の価値観がサービスに直結する。「人財」を一番意識し投資している。

 写真コンテストへの出品も支援している。昨年、一昨年と、ゼクシィの「ウェディングフォトコンテスト」で大賞を受賞した。入社3年目と1年目の社員だ。お客さまの思いに寄り添ったところが写真に表れたと思う。

 (6)同業他社と比べた場合、あなたの会社の売りは何ですか?

 全社一丸となってお客さまのために取り組めるのが強み。自己評価は「30点」で、まだまだやることはある。ただ、学生の声を聞くと「どの社員も一貫した思いや考えがある」。そう感じていただくのはありがたい。また、他社の経営がうまくいかなかった式場を再生したのも1店ある。事業展開の一つのモデルとして、ノウハウも蓄えている。

 (7)「働き方改革」やってますか?

 退職者のカムバック制度などもあり、一番力になるのは、従業員が働きがいがある会社。5年前から年2回、全従業員にアンケートし、意見を吸い上げて改善している。形になったのが、16日連続でリフレッシュ休暇を取れる制度。2、3年前からだが、それ以前は7日間連続だった、仕事をするときはしっかり仕事し、休むときは休む。フォローアップする態勢を綿密に立て、逆算して業務を平準化している。休みを取ることで結果として生産性が上がっている。

 ※アイ・ケイ・ケイのホームページはこちら

アイ・ケイ・ケイ
 「ララシャンス」などゲストハウス型婚礼施設を運営。1995年設立。本社は佐賀県伊万里市、本部は福岡県志免町。施設は九州を中心に全国16カ所。成長余地のある地方都市を中心に展開している。2016年10月期連結決算の売上高は179億円。従業員数はグループ711人、単体639人。今年1月、インドネシアに現地法人を設立し、婚礼の実施に向けた営業活動を始めている。
ADGLAT




最新記事一覧

そもそもqbizとは?

Recommend

ランキング

Recommend

特集 最新記事

コラム 最新記事