ようこそ ゲスト様

qBiz 西日本新聞経済電子版

TOP >記事

わが社の人財戦略

一覧ページへ

サービス強化へ全従業員が英会話を受講 ホテルオークラ福岡(Q&Aと動画付き)

2017年05月02日 03時00分 更新

記者:根井輝雄


  • 末延辰志(すえのぶ・たつし)管理部総務人事課長

  • ホテルオークラ福岡のロゴ

  • ホテルオークラ福岡の外観

末延辰志(すえのぶ・たつし)管理部総務人事課長

 ホテルオークラグループの理念は「親切と和」。ホテルは24時間365日稼働し、従業員間で必ず引き継ぎをする。きめ細かく対応し、お客さまに安心していただくために、従業員の和が大切だ。

 4月から全従業員が順番で英会話クラスに参加している。これまで特定のスタッフが英語で応対していたが、1年半後には全従業員が修了。外国の方が来られた際、自信を持って対応できる。

 年1回、最低5日間連続のリフレッシュ休暇制度がある。ホテル業界は世の中が休みの時が繁忙期で、どうしても長い間休めない。休暇を取るため従業員が話し合って計画を立てており、やはりチームワークが必要になる。

 採用での悩みは、2020年の東京五輪に向けて、他社が専門学校生にかなり早く内定を出していること。人材確保が難しくなっている。今後、企業イメージを積極的に発信し、就職したいと思ってもらえるようにしたい。

■■■

これがわが社の人財活用術だ
qBizが聞きたい7つの質問

※回答は末延氏。動画「最大の特徴はクラフトビール」の出演は高柳健二総支配人

 (1)即内定!ぜひ会社に迎えたい人材とは?

 主体的に考えて行動できる人。どんどん提案し、それを形にできる人を求めている。例えば、マニュアルにはない対応だ。誕生日に宿泊や食事でお越しいただいた方に、祝福の花一輪をテーブルに置くこともある。自分で考えて行動することが、付加価値につながる。

 (2)採用活動で一番の悩みは?

 2020年の東京五輪に向け、ホテルや飲食関連の専門学校生に、関東の企業がかなり早い段階で内定を出している。専門学校生についての取り決めはないが、当社は経団連の指針(6月に採用面接など選考解禁)に従って動いているため、人材確保が難しくなっている。

 (3)いま会社として一番忙しいことって何ですか?

 4月に広報課を設け、PRに力を入れている。当社の魅力を分かりやすく発信していきたい。日本発祥のホテルとして企業イメージを伝えていきたい。人事面でも、学生に「就職したい」と思われるようにしたい。

 (4)10年後、あなたの会社はどうなっている?

 基本理念は変わらない。福岡・九州の魅力を高め、地元密着で地域貢献を目指している。ホテルだけが良くなればいいのではない。お客さまに九州での体験を喜んでもらえるよう、進化し続けることを目標としている。

 (5)社員の能力開発、スキルアップのために取り組んでいることは?

 英語力の維持・向上のため、4月から全従業員を対象に、英会話クラスに参加してもらっている。1クラス10人前後で、週1回のペース。3カ月間で修了するカリキュラムだ。従業員は順番に参加し、1年半後に全員が修了する予定だ。

 これまでは特定のスタッフだけが受講の対象だったが、それを全員に広げた。英語を話すお客さまに対しも一歩前に踏み出し、現場で自信を持って対応できるようになるはずだ。

 (6)同業他社と比べた場合、あなたの会社の売りは何ですか?

 ホテルオークラグループの理念は「親切と和」。1962年に東京でホテルオークラが開業した時の野田岩次郎社長の言葉だ。

 お客さまに感動・安心して泊まっていただくには、従業員同士のチームワークが欠かせない。ホテルは24時間、365日稼働しているため、必ず引き継ぎが必要だ。「親切と和」が、お客さまへのサービス向上の根源になっている。

 (7)「働き方改革」やってますか?

 リフレッシュ休暇として年1回、最低でも5日間連続で休暇を取れるようにしている。ホテル業界は、世の中が休みの時が繁忙期なので、どうしても長く休めない。休暇は、時期をずらして取るようにし、さらに、(カバーができるよう)その人にしかできない仕事を減らしている。休暇の計画づくりにも従業員のチームワークが欠かせない。他業界のようにはいかないが、まずは「5日間」から始めている。

 ※ホテルオークラ福岡のホームページはこちら

ホテルオークラ福岡
 会社創立は1996年。福岡市博多区下川端町の複合施設「博多リバレイン」のホテルとして99年3月に開業した。客室数は264室。2015年度の売上高は59億円。従業員は286人(男性174人、女性112人、16年3月末)で、管理職の3割は女性。館内に地ビール醸造所があり、オリジナルビール「博多ドラフト」を提供している。
ADGLAT




最新記事一覧

そもそもqbizとは?

Recommend

ランキング

Recommend

特集 最新記事

コラム 最新記事