ようこそ ゲスト様

qBiz 西日本新聞経済電子版

JR九州117減便維持 3月改正 在来線特急24本減

2018年02月17日 03時00分 更新

記者:岡部由佳里、具志堅聡


  • JR九州

 JR九州は16日、3月17日のダイヤ改正について、当初計画していた1日当たり117本の運行本数削減を維持すると発表した。自治体からの反発を受け臨時便を運行するなど一部を見直したが、鉄道事業の効率化や実施までの時間的制約のため、修正は最小限にとどまった。 

 九州新幹線を含む全22路線で減便する。新幹線は6本減の119本となるほか、在来線の特急は鹿児島線の「きらめき」(博多−小倉)や「有明」(博多−長洲)など24本減の277本、快速・普通は87本減の2615本になる。

 削減対象だった吉都線(吉松−都城)の都城発最終列車については、定時制高校の通学に影響が出ることに配慮、学校のある平日のみ臨時便として運行する。

 JR九州の古宮洋二常務鉄道事業本部長は会見で、減便規模を見直さなかった理由について「全ての要望に応えるのは難しい。総合的に考えた結果、変更は行わないと判断した」と述べた。ダイヤ改正以降、利用状況を検証した上で、必要に応じて手直しする可能性はあるという。

 福岡県内の快速・普通列車は、福岡都市圏で南福岡−二日市(鹿児島線)が10本減の218本▽吉塚−篠栗(篠栗線)が14本減の158本、北九州都市圏は小倉−苅田(日豊線)で18本減の120本▽折尾−直方(筑豊線)が8本減の109本−など(いずれも重複含む)。

 ダイヤ改正に合わせ大分市内8駅で予定していた無人化については、日豊線の牧駅のみ先行して実施する。既に無人の幸崎、滝尾両駅と合わせて3駅に、遠隔地からオペレーターが対応する「スマートサポートステーション(SSS)」を導入。残り7駅のうち大分大学前、敷戸両駅は点字ブロック整備後の今秋、その他の駅もバリアフリー化工事の進捗(しんちょく)を踏まえて無人化する方針だ。

 昨年3月に日豊線の大分−宮崎空港で導入した車掌不在の特急ワンマン化は、宮崎−鹿児島中央を走る特急「きりしま」24本のうち新たに20本で実施する。車掌に代わる案内係員を約1年間、乗車させるという。 

   ◇   ◇

「要望を検証した結果」 「削減効果は数億円に」 JR九州・古宮常務鉄道事業本部長 

 JR九州のダイヤ改正見直しに関する、古宮洋二常務鉄道事業本部長の記者会見での一問一答は次の通り。 

 −どの部分に注目して見直し作業をしたのか。

 「コンサートの帰りに最終列車があれば便利ということから、学校に通えなくなるといったことまで、意見を頂いた。検証の結果、通学については私どもの使命として変更した」

 −大きく見直さなかったのは(ダイヤ改正までの)時間的な制約でなく、効率化が必要ということか。

 「作業面での時間的な問題はある。申し訳ないが前後の列車を調整するのでそちらをご利用ください、という意味で今回は見直さなかった。効率化が必要だと思っている」

 −どれくらいの客数なら削減するといった具体的な目安は。

 「始発駅から終着駅まで1両当たり10人が利用すれば人件費や動力費などが出るという、大まかな試算はある。10人以下のローカル線はたくさんあるが、その基準で全部やめるのではない。それぞれの列車や線区に使命がある」

 −ダイヤ改正による収支改善効果の見込みは。

 「人件費は計算できないが、電車の電気代やディーゼル車の燃料代といった動力費は計算ができる。年間約90億円使っており、数億円の削減になると思っている」

ADGLAT




九州経済 ニュースの最新記事

そもそもqbizとは?

Recommend

ランキング

Recommend

特集 最新記事

コラム 最新記事