ようこそ ゲスト様

qBiz 西日本新聞経済電子版

福岡産ニンニクで創作料理&スイーツ 天神でフェス開催中 「食欲増進と消費拡大を」

2018年10月19日 11時00分 更新

記者:木村貴之


  • 毎回用意される福岡産ニンニクは、福岡県八女市の農業生産法人「松尾農園グループ」が生産する無農薬の「九州八片にんにく」。国内でも珍しいコメとの二毛作での栽培という(撮影・木村貴之)

  • 「福岡産“超”にんにくフェス」で提供される創作料理とカクテル。会場は初日から多くのサラリーマンらでにぎわった=福岡市・天神

 食欲の秋。福岡県産ニンニクを使った創作料理やスイーツを500円均一で提供する食のイベント「福岡産“超”にんにくフェス2018」が18日、福岡市・天神の西日本新聞会館屋上「天神スカイテラス」で始まった。ニンニクといえば、食欲をそそる香味野菜の代表格。福岡市民の食欲増進と地元産ニンニクの消費拡大の“一石二鳥”を狙うイベントになりそうだ。11月4日まで。

 広告制作会社「ススム」(東京)と留学支援会社「アウトグロー・ジャパン」(福岡市)が共同企画。4年前、福岡産ニンニクを使った健康食品の広告制作にススムが関わったのがきっかけだ。イベントは、一昨年夏の東京・新宿、昨秋の天神・福岡ビル屋上に続いて3回目。毎回、福岡県八女市の農業法人から無農薬ニンニクを仕入れ、今回は400キロを確保した。料理は、ススムの曽我将社長とアウトグローの山本周平社長が福岡市で共同経営する飲食店の関係者が調理する。
 
 「にんにくの丸揚げ」「鶏の赤ワイン煮込み」「明太&ガーリックポテトサラダ」「ガーリックスムージー」…。ニンニクを丸ごと揚げたり、味付けや具材に使ったり、大胆にもスイーツに使ったりして全18種類のメニューを用意。料理に合う飲み物としてワインやカクテル25種類も提供する。料理、飲み物とも「インスタ映えを狙い、おいしいだけでなく、量と見た目にもこだわった」といい、参加者のSNS発信にも備える。

 初日夜、会場には仕事帰りのサラリーマンやOL、主婦らが続々と詰め掛け、ニンニクたっぷりの料理、色とりどりのワインベースカクテルなどで舌鼓を打ったり、料理や飲み物をスマートフォンで撮影したりして、秋の夜長を楽しんだ。

 入場チケットは1人3千円(500円券6枚つづり)で、事前予約すればウェルカムドリンク1杯のサービスがある。千円単位で追加購入できる。平日は午後5時〜10時、土日祝日は午前11時〜午後10時。問い合わせ・予約は同飲食店=050(3479)6690=まで。

※「福岡産“超”にんにくフェス2018」のHPはこちら

ADGLAT




九州経済 ニュースの最新記事

そもそもqbizとは?

Recommend

ランキング

Recommend

特集 最新記事

コラム 最新記事