ようこそ ゲスト様

qBiz 西日本新聞経済電子版

TOP> 九州の原発

九州の原発

  • 九州の原発

    九電が周辺5074戸訪問、肯定的な意見が減る 玄海原発再稼働

     九州電力は16日、佐賀県玄海町の玄海原発再稼働に伴い、玄海町と一部が原発5キロ圏内に入る唐津市鎮西町、肥前町、呼子町の計7097戸を全戸訪問し、71・5%に当たる5074戸と面会して安全対策を説明し ...

    2018/11/17 03:00

  • 九州の原発

    玄海に核燃料搬入 九電、本年度3回目

     九州電力は13日、玄海原発(佐賀県玄海町)で新しい核燃料の搬入が完了したと発表した。九電は2018年度、玄海原発に4回に分けて新燃料を輸送する計画で、今回が3回目。3号機用の燃料集合体が34体、4号 ...

    2018/11/14 03:00

  • 九州の原発

    原発、出力調整できるの? 80年代の実験「問題なし」 短時間で上げ下げ不向き

     九州で再生可能エネルギーの出力制御が毎週末に常態化する中、「原発を先に止めるべきだ」という声が上がっている。国は「原発の出力調整は技術的に困難」としているが、1980年代に電力業界が四国で、原発の出 ...

    2018/11/13 03:00

  • 九州の原発

    玄海町長が地域振興策を語る 唐津市で玄海フォーラム

     佐賀県唐津・玄海地域の振興策を考える玄海フォーラム(会長・馬渡雅敏松浦通運社長、西日本新聞社主催)の例会が8日、唐津市のホテルであり、8月に就任した同県玄海町の脇山伸太郎町長が「玄海町の地域振興」を ...

    2018/11/09 03:00

  • 九州の原発

    九電経常利益62%減 2年連続減益 原発修繕費が影響 9月中間

     九州電力が31日発表した2018年9月中間連結決算は、売上高が前年同期比4・3%増の1兆316億1100万円、経常利益が62・6%減の295億円だった。新電力といった他社への販売電力料の増加などで増 ...

    2018/11/01 03:00

  • 九州の原発

    玄海原発差し止め即時抗告審が終結 福岡高裁

     九州電力玄海原発3、4号機(佐賀県玄海町)を巡り、市民団体が運転差し止めを求めた仮処分申し立ての即時抗告審の第2回審尋が29日、福岡高裁(山之内紀行裁判長)で審理を終えた。来年2月末までに補充意見を ...

    2018/10/30 03:00

  • 九州の原発

    原発事故賠償金、増額求め意見書 唐津市議会が可決

     九州電力玄海原発が立地する佐賀県玄海町に隣接する同県唐津市の市議会は16日、政府が原発事故に備えて電力会社に義務付ける最大1200億円の損害賠償措置額(賠償金)の大幅引き上げを求める意見書案を全会一 ...

    2018/10/17 03:00

  • 九州の原発

    川内原発2号機が営業運転復帰

     九州電力は28日、川内原発2号機(鹿児島県薩摩川内市)の定期検査が終わり、通常の営業運転に戻ったと発表した。定期検査は4月23日に開始。8月31日に運転を再開し、徐々に出力を上げながら各機器の機能を ...

    2018/09/29 03:00

  • 九州の原発

    FREE 玄海原発、煙で警報 原子炉に影響なし

     27日午前9時50分ごろ、佐賀県玄海町の九州電力玄海原発3、4号機に隣接する廃棄物処理建屋で、火災報知機が作動した。九電によると、作業員が建屋内で煙を確認したが炎は上がっておらず、けが人はなかった。 ...

    2018/09/28 03:00

  • 九州の原発

    玄海原発への燃料税拡大条例可決 佐賀県議会、5年間で21億円

     佐賀県議会は25日に開いた本会議で、九州電力玄海原発(同県玄海町)で貯蔵されている使用済み核燃料に課税対象を拡大する条例を可決した。課税期間は2019年度から5年間で、総務相の同意が得られれば実施す ...

    2018/09/25 11:59

  • 九州の原発

    川内原発新燃料搬入、本年度分の輸送完了 九電

     九州電力は21日、川内原発(鹿児島県薩摩川内市)に新しい核燃料を搬入、2018年度分の輸送が完了したと発表した。18年度の搬入は今回が3回目で、1号機用の燃料集合体が40体、2号機用が24体。   ...

    2018/09/22 03:00

  • 九州の原発

    川内原発に新燃料56体搬入

     九州電力は10日、川内原発(鹿児島県薩摩川内市)に新しい核燃料を搬入した。1号機用の燃料集合体が8体、2号機用が48体。九電は2018年度、川内原発に3回に分けて新燃料を輸送する計画で、今回は2回目 ...

    2018/09/11 03:00

  • 九州の原発

    玄海原発の直下で新たに断層26本 九電「活断層ではない」

     九州電力は10日、原子力規制委員会の審査会合で、玄海原発(佐賀県)の敷地内で新たに26本の断層を確認したと明らかにした。玄海3、4号機は新規制基準での審査に合格して再稼働しているが、九電は、いずれも ...

    2018/09/11 03:00

  • 九州の原発

    太陽光・風力発電出力制御ヘ 九電が準備本格化 対象2万4000件にDM

     九州電力は7日、今秋にも太陽光・風力発電事業者に一時的な稼働停止を求める「出力制御」の可能性が高まったとして、対象事業者(契約件数約2万4千)に事前周知のダイレクトメール(DM)を発送したと発表した ...

    2018/09/08 03:00

  • 九州の原発

    福岡市で核のごみ説明会

     経済産業省資源エネルギー庁は5日、原発で発生する高レベル放射性廃棄物(核のごみ)の最終処分地に関する自治体向け説明会を福岡市で開いた。約30人が出席したが、参加自治体数などは明らかにしていない。 ...

    2018/09/06 03:00

  • 九州の原発

    玄海、川内原発で不正ケーブル使用 電線大手フジクラ

     原子力規制委員会は5日の定例会合で、検査不正を公表した電線大手フジクラの不正ケーブルが、九州電力の玄海原発(佐賀県)と川内原発(鹿児島県)で使用されていたと明らかにした。九電から、原発の制御に関わる ...

    2018/09/06 03:00

  • 九州の原発

    乾式貯蔵施設は「玄海」敷地内に 使用済み核燃料保管、九電が検討

     九州電力は30日、使用済み核燃料を金属製容器に入れて屋外で一時保管する乾式貯蔵の施設を、玄海原発(佐賀県玄海町)の敷地内に設置する検討を進めていることを明らかにした。再稼働した玄海3、4号機の使用済 ...

    2018/08/31 03:00

  • 九州の原発

    川内2号機29日に運転再開 九電、新規制基準後初の4基稼働

     九州電力は28日、定期検査のため停止している川内原発2号機(鹿児島県薩摩川内市)の運転を29日に再開すると発表した。東京電力福島第1原発事故を受けた新規制基準施行後、九電が原発4基を同時に運転するの ...

    2018/08/29 03:00

  • 九州の原発

    玄海原発の使用済み核燃料に課税へ 佐賀県と九電が合意

     佐賀県は10日、九州電力玄海原発(同県玄海町)の使用済み核燃料に2019年度から課税することで同社と合意したと発表した。9月県議会に「核燃料税条例案」を提案する。玄海町も17年4月から課税しており、 ...

    2018/08/11 03:00

  • 九州の原発

    巨大噴火を巡り原発停止目安案 原子力規制庁が提示

     九州電力川内原発(鹿児島県薩摩川内市)周辺のカルデラ火山を念頭に原発対応を協議する原子力規制委員会の諮問機関「原子炉安全専門審査会」火山部会が10日開かれた。巨大噴火が起きるかもしれない段階で、原子 ...

    2018/08/11 03:00

そもそもqbizとは?

Recommend

写真ニュース一覧

Recommend