ようこそ ゲスト様

qBiz 西日本新聞経済電子版

TOP> 電力新時代

電力新時代

  • 電力新時代

    企業集積に期待 売電価格に不安も 北九州市 洋上風力

     北九州市若松区響灘の洋上風力発電所の設置事業者が決定し、総事業費1750億円の大型事業が本格的に動きだす。市は主力の製鉄業が縮小傾向にある中、発電所建設に合わせ、関連部品メーカーなどを集積させて風力 ...

    2017/02/16 03:00

  • 電力新時代

    特ダネ FREE 北九州の洋上風力事業者決定 九電子会社や西部ガスの共同事業体に

     北九州市は、同市若松区の響灘に計画している洋上風力発電所の設置事業者として、九州電力子会社の九電みらいエナジー(福岡市)や西部ガス(同)の共同事業体を選定した。15日に正式発表する。共同事業体の提案 ...

    2017/02/15 03:00

  • 電力新時代

    みやま市やドイツの先進事例を学ぶ 自治体エネルギー会議

     自治体主導の電力事業に注目が集まる福岡県みやま市で6日、「日独自治体エネルギー会議 in みやま」(環境省主催、みやま市など共催)が開かれた。国内外から参加した約140人が、ドイツの先進事例やみやま ...

    2017/02/07 03:00

  • 電力新時代

    西部ガス、風力発電の風車完成 北九州、九電に売電へ

     西部ガス(福岡市)は3日、北九州市若松区の北九州工場跡地に建設している風力発電所の風車2基の組み立て工事を終え、報道陣に公開した。今後は電線関連の工事を経て2月中旬に試運転に入り、3月から九州電力に ...

    2017/02/04 03:00

  • 電力新時代

    柳川市が地産電力に切り替え 福岡県内初 49施設、年472万円節減

     福岡県柳川市は1日、市の49公共施設の電力供給先を、九州電力から、隣接するみやま市が55%出資している地域電力会社「みやまスマートエネルギー」(磯部達社長)に切り替えた。同社がみやま市以外の県内の自 ...

    2017/02/02 03:00

  • 電力新時代

    太陽光出力を正確に予測 九電、システム実用化目指す 無駄な制御回避へ

     九州電力が、太陽光発電の出力を2、3時間前に予測するシステムの実証実験を進めている。毎日の電力の需要と供給などの運用計画を策定するため、現在は前日に出力を予測している。システムが実用化すれば、当日の ...

    2017/02/02 03:00

  • 電力新時代

    九電が幹部人事を発表、新組織は重厚布陣で始動

     九州電力は30日、4月からの新組織の幹部人事を発表した。送配電分離に向けて社内分社会する送配電カンパニーの社長に、山崎尚取締役常務執行役員を充てる。原発以外の事業を再編する形で新設する三つの統括本部 ...

    2017/01/30 21:30

  • 電力新時代

    特ダネ 「九電はユニークで魅力的な電力会社」 提携検討の東京ガス社長

     26日の西日本新聞のインタビューで、液化天然ガス(LNG)調達などでの九州電力との提携拡大に意欲を示した広瀬道明・東京ガス社長との主なやりとりは次の通り。  −4月に都市ガス小売りが全面自由化 ...

    2017/01/27 03:00

  • 電力新時代

    特ダネ 東京ガスが九電と提携検討 LNG調達や小売り巡り 社長インタビュー

     都市ガス最大手の東京ガスの広瀬道明社長は26日、西日本新聞のインタビューに応じ、液化天然ガス(LNG)の調達や首都圏での電力・ガス小売り事業で、九州電力との提携を検討していることを明らかにした。両社 ...

    2017/01/27 03:00

  • 電力新時代

    特ダネ 九電送配電事業「社長」に山崎取締役 社内カンパニー

     九州電力が、4月に送配電事業を社内で分社化する「送配電カンパニー」の初代カンパニー社長に、山崎尚取締役常務執行役員(63)を充てる人事を最終調整していることが18日、分かった。カンパニーには九電従業 ...

    2017/01/19 03:00

  • 電力新時代

    揚水発電所が九州で脚光 太陽光ピーク時の余剰電力吸収 需給「調整弁」の役割

     政府が火力や原子力などと並ぶ重要電源の一つとして再生可能エネルギーの導入拡大を促す中、太陽光の利用が進む九州で揚水発電所の役割が脚光を浴びている。九州電力は電力需給に応じて迅速に起動、停止できる揚水 ...

    2017/01/12 03:00

  • 電力新時代

    【2017トップが語る】九州電力 瓜生道明社長 玄海再稼働に力注ぐ

     −2017年の課題は。  「玄海原発(佐賀県玄海町)の再稼働と、4月からの組織改正を機能させることに、力を注ぎたい。玄海原発は一日も早い再稼働を目指し、国の審査に丁寧に対応する。地元同意はステ ...

    2017/01/11 03:00

  • 電力新時代

    九電と西部ガスが来年2月も値上げ

     九州電力と西部ガスは27日、来年2月分の電気・ガス料金を発表した。原油や液化天然ガス(LNG)などの輸入価格で料金を変動させる国の原燃料費調整制度に基づき、いずれも値上げになる。  電気はモデ ...

    2016/12/28 03:00

  • 電力新時代

    新小倉3号機の運転再開 九電が発表

     九州電力は27日、液化天然ガス(LNG)火力の新小倉発電所3号機(北九州市、出力60万キロワット)の運転を26日午後に再開したと発表した。21日に蒸気を冷やすための海水が配管から漏れたため運転を停止 ...

    2016/12/28 03:00

  • 電力新時代

    首都圏企業向け 九電が電力販売 来月からグループ会社

     九州電力グループの九電みらいエナジー(福岡市)は14日、首都圏で来年1月から企業向けの電力販売を始める方針を明らかにした。電力小売り全面自由化に伴い、九州管内で新電力との競争が激化しており、首都圏で ...

    2016/12/15 03:00

  • 電力新時代

    【ひと】風力発電の効率を上げる装置を開発した九大生 ローン・ジョシュアさん

     3枚羽根を前後で二重に取り付けた風力発電機。前の羽根と後ろの羽根がそれぞれ風を受け止め、発電効率を上げる。風力発電の可能性を広げる羽根の「二重化装置」を開発した。製品化に向け10月に「日本風洞製作所 ...

    2016/12/15 03:00

  • 電力新時代

    温泉熱利用し新発電所 大分・由布市で2社が12月から売電

     自然エネルギーによる発電所の建設を行う大分県内の企業2社が温泉熱を利用して発電するバイナリーサイクル発電所を同県由布市湯布院町に建設し、23日、開所式が開かれた。  発電所は湯布院フォレストエ ...

    2016/11/24 03:00

  • 電力新時代

    東京ガス、目標53万件達成 家庭向け電力販売

     東京ガスは21日、電力小売り全面自由化に伴い4月から首都圏で始めた家庭向け電力販売の契約申込件数が、18日時点で約53万1千件に達したと発表した。ガスとのセット割引で契約を伸ばし、2016年度の目標 ...

    2016/11/21 15:40

  • 電力新時代

    みやま市の電力小売り会社がカフェレストラン 新施設「さくらテラス」12日開業

     福岡県みやま市などでつくる電力会社「みやまスマートエネルギー」が運営し、地元食材を使った料理などを提供する新施設「さくらテラス」の竣工(しゅんこう)式が7日、同市瀬高町であった。営業は12日から。 ...

    2016/11/08 03:00

そもそもqbizとは?

Recommend

写真ニュース一覧

Recommend