ようこそ ゲスト様

qBiz 西日本新聞経済電子版

ガンダムバー 行きま〜す 福岡県内3店 いざ偵察 ガンプラキープ、ファン「めぐりあい」

2018年04月16日 09時55分 更新

記者:三重野諭


  • ところ狭しとプラモデルなどが並び、ガンダムにちなんだメニューも味わえる「ソロモン」。コスプレも楽しめる

  • 「ソロモン」でバーボンロックを注文、コスプレしてシャアの名シーンを再現する記者。全然シャアに見えないが…

  • 小倉のサイド6にある声優の古谷さんのサイン。来店当時、涙を流したというマスターの中原さん

  • 久留米のサイド6、カムランさんの伯父さんが描いたポスター

 アニメ「機動戦士ガンダム」の初回放送から来年で40周年。その後も作品が続く人気シリーズで幅広い世代に支持されている。そんなガンダムに心酔するファンが集い、作品評で盛り上がる「ガンダムバー」なる酒場が福岡県内に少なくとも3店舗あると聞いた。自称・ガンダムオタクの記者としては行かねばなるまい。いざ偵察へ。

 1件目は福岡市の「ソロモン」。店内をガンダム関連のプラモデルやフィギュアが埋め尽くす。「600体ぐらい。ほとんどがお客さんが持ち込んだもの」とソロモンの大佐ことオーナーの松本伸雄さん(49)。「ガンダム好きが気軽に集まれる場所を」と9年前にオープンした当初、関連グッズはほとんどなかった。客がお気に入りのプラモデルを持ち込み、連れてきた友人に自慢するというボトルキープならぬ「ガンプラキープ」など、ユニークなサービスやメニューを考案するうち、注目されるようになった。

 記者が目を付けたのはバーボンロックを注文すると人気キャラクター「シャア」の衣装が借りられるメニュー。カウンターでなりきって名シーンを再現してみる。ふふ。悪くない。

    ☆    ☆  

 北九州市の「サイド6」は4月で開店8周年。こちらもグッズやポスターが所狭しと並ぶ。劇中用語を連想させるメニューも満載で心をくすぐられる。

 「ガンダムは男のロマン。初代ファンの世代が会社で役職に就いている頃で、上司と部下の会話のネタになるはず」。マスターの中原康文さん(48)の狙いは的中。会社員が部下を連れて来たり、「ガンダム部」という同好会がある地元企業の社員が、団体で店を借り切ったりすることもあるという。

 出張ついでに同僚を連れて訪れた千葉県の団体職員、津田佳典さん(34)は「隣の客ともすぐ仲良くなれるアットホームなバーです」。スタンプカードを見せてもらうと、来店回数はなんと27回に達していた。

 店にはお宝も。初代の主人公「アムロ」役の声優、古谷徹さんが壁に書いたサインだ。6年前、市内であったトークショーで中原さんが古谷さんに店の名刺を渡すと、その日に来てくれた。「夢がかなった」と古谷さんの前で泣いたという。中原さんはガンダムバーの2号店を熊本市で経営しており、そちらには古谷さんのサインの入りガンダムを置いている。

    ☆    ☆  

 福岡県久留米市にある店も「サイド6」という名前だが経営者は別。「オーナーのカムラン・ブルームです」と劇中のキャラクター名を名乗る伊藤貴雄さん(46)。「コレクションの置き場所を探すうちに、いっそ店を出してそこに飾って、客と一緒に晩酌を楽しもう」と1年前に開店した。福岡の2店よりも新しい「ニューガンダムバー」だ。

 コレクションの中でも特に目につくのが、映画のポスターを模したキャンバスの絵。小学生のころガンダムブームが巻き起こっていたが、ポスターを買えなかったため、画家の伯父にパンフレットを渡して描いてもらった。伯父がアニメの制作会社に電話し、同じ画材で忠実に描いたというこだわりの家宝だ。

 そんなカムランさんを驚かせたのは、ファン層の幅広さ。「20歳ぐらいと50歳ぐらいの男性客が、15年前の作品の名シーンで意気投合していた」。ファンの出会いを橋渡し−。どの店もそれがやりがいになっているようだ。みなさん、ガンダムバーで「めぐりあい」(映画の主題歌のタイトルです)を楽しんでみてはいかが。


 ダイニングバー ソロモン

 福岡市南区塩原2−2−2。午後7時〜午前0時、月曜定休。092(553)6050。

 ガンダムバー サイド6小倉店

 北九州市小倉北区紺屋町5−19。午後8時開店、定休日なし。093(531)6262。

 ガンダムバー サイド6熊本店

 熊本市中央区花畑町11−9、2階。午後8時開店、日曜定休。096(277)1711。

 ガンダムなバー サイド6

 福岡県久留米市日吉町18−4。午後8時〜午前0時、月曜、第1火曜、第3日曜定休。080(1734)9857。










九州経済 ニュースの最新記事



そもそもqbizとは?

Recommend

ランキング

Recommend

特集 最新記事

コラム 最新記事